衛星劇場

松竹が1920年に映画制作を開始して100年。一世紀にわたり数々の名作を世に送り出してきました。今回衛星劇場では、100周年を記念し松竹映画を彩ってきた様々な監督たちの作品を特集放送します。

松竹映画100周年 世紀を駆ける松竹映画の監督たち | 衛星劇場

松竹が1920年に映画制作を開始して100年。
一世紀にわたり数々の名作を世に送り出してきました。
今回衛星劇場では、100周年を記念し松竹映画を彩ってきた様々な監督たちの作品を特集放送します。

3月 〜蒲田・大船の名手たち〜

風の中の子供 | 松竹映画100周年 世紀を駆ける松竹映画の監督たち | 衛星劇場

子供たちの波乱の夏休みを綴った、坪田譲治の児童文学が原作。キネマ旬報ベスト・テン第4位。

風の中の子供

36日(金)午後6:00〜ほか

矢印 | 松竹映画100周年 世紀を駆ける松竹映画の監督たち | 衛星劇場

清水宏監督 | 松竹映画100周年 世紀を駆ける松竹映画の監督たち | 衛星劇場

作為的な物語、セリフ、演技、演出を極力排除する実写的精神を大事にし、「役者なんかものをいう小道具」という言葉を残している。

古都 | 松竹映画100周年 世紀を駆ける松竹映画の監督たち | 衛星劇場

川端康成の同名小説を叙情的に描いた文芸作。米アカデミー外国語映画賞ノミネート。

古都

37日(土)午前8:30〜ほか

矢印 | 松竹映画100周年 世紀を駆ける松竹映画の監督たち | 衛星劇場

中村登監督 | 松竹映画100周年 世紀を駆ける松竹映画の監督たち | 衛星劇場

蒲田から移転したての松竹大船撮影所(第1期)に助監督として入社。端正かつ鮮やかな作風は「映画の教科書」と評されている。

暖流(1939年) | 松竹映画100周年 世紀を駆ける松竹映画の監督たち | 衛星劇場

岸田国士の小説原作。吉村監督の名を一躍高めたと同時に、日本映画史上に名をとどめる佳作。

暖流(1939年)

37日(土)午前10:30〜ほか

矢印 | 松竹映画100周年 世紀を駆ける松竹映画の監督たち | 衛星劇場

吉村公三郎監督 | 松竹映画100周年 世紀を駆ける松竹映画の監督たち | 衛星劇場

「暖流」では、キネマ旬報ベスト・テン7位に選ばれた。主演女優の魅力を引き出す能力に定評があり、「女性映画の巨匠」と呼ばれる。

五所平之助監督 | 松竹映画100周年 世紀を駆ける松竹映画の監督たち | 衛星劇場

逝去した小津安二郎に代って、1964年から日本映画監督協会理事長を16年間にわたって務めた。庶民の日常をユーモラスに描いた作品が多い。

4月 〜蒲田・大船の名手たち〜

抱かれた花嫁 | 松竹映画100周年 世紀を駆ける松竹映画の監督たち | 衛星劇場

浅草の老舗「鮨忠」の女将・ふさは店を継ぐ気を見せない長男・次男の代わりに、仕方なく長女の和子に養子を迎えようとするのだが・・・。松竹グランドスコープの第一作。

抱かれた花嫁

43日(金)午前8:45〜ほか

矢印 | 松竹映画100周年 世紀を駆ける松竹映画の監督たち | 衛星劇場

番匠義彰監督 | 松竹映画100周年 世紀を駆ける松竹映画の監督たち | 衛星劇場

1955年、「かりそめの唇」で監督デビュー。喜劇を得意とし、逆に情緒的・悲劇的作品においても評価されている。代表作に「花嫁」シリーズなどがある。

田畠恒男監督 | 松竹映画100周年 世紀を駆ける松竹映画の監督たち | 衛星劇場

代表作は「花は嘆かず」、「四人の誓い」、「花扉」、「貝殻と花」、「緑なる人 後篇愛の奔流」などがある。

松竹映画100周年 世紀を駆ける松竹映画の監督たち NEWS | 衛星劇場

・[ NEW ] ・2020/03/05 『松竹映画100周年 世紀を駆ける松竹映画の監督たち〜蒲田・大船の名手たち〜』特設ページ公開!

・2020/02/05 『松竹映画100周年 世紀を駆ける松竹映画の監督たち』特設ページ公開!

松竹映画100周年 世紀を駆ける松竹映画の監督たち NEWS | 衛星劇場

視聴方法はこちらから

衛星劇場 視聴案内ページ

Copyright © Shochiku Broadcasting Co.,Ltd. All Rights Reserved.