衛星劇場 あなたのテレビライフを豊かにする。邦画・洋画・韓流・歌舞伎などバラエティに富んだ上質エンターテインメントチャンネル

邦画・洋画・韓流・歌舞伎などバラエティに富んだ上質エンターテインメントチャンネル

機能リンク

衛星劇場オンデマンド 松竹新喜劇

衛星劇場オンデマンド 松竹新喜劇
松竹新喜劇の舞台がオンデマンドで配信!!「愛の設計図」(平成27年11月 大阪松竹座 茂林寺文福  作/平戸敬二  脚色/白能喜人  潤色/川浪ナミヲ  演出 )、「大当り高津の富くじ」(平成28年5月 大阪松竹座 平戸敬二  作/米田亘  演出 )、など15作品を大好評配信中!
「愛の設計図」平成27年11月 大阪松竹座 茂林寺文福  作/平戸敬二  脚色/白能喜人  潤色/川浪ナミヲ  演出

 ここ大崎工務店は大手建設会社の数ある下請け業者の一つです。
 この工務店で働いている現場監督の石原堅造さんは高校を出て以来、建設作業員として今日までずっと現場で活躍してきた筋金入りの監督です。一方、間文太郎さんは国立大学を卒業してこの工務店に建設作業員として勤め、一級建築士の資格を持ち、働いているとても勤勉な青年です。
 文太郎さんは、先ずこの工務店の専任設計技師である河野さんの助手として働きだしたのですが、文太郎さんと大崎社長の娘淳子さんとの恋仲に嫉妬した河野技師が社長にそのことを告げ口したため、クビになりかけたのでした。それを見た石原監督は、文太郎さんを自分の家へ引きとり、作業員達と一緒に現場で働かせることにしました。死んだ文太郎さんの父親に、昔世話になった恩があったからです。
 ところが、他の作業員達にはとても人情深くて信望厚いと評判の石原監督が、どういう訳か文太郎さんへの態度は冷たく、他の作業員達以上に仕事を言いつけては辛くあたる日々…。
 さて今日は、大崎工務店創立三十周年の記念日。祝いの人達が大ぜいかけつける中に混じって、河野設計技師もやって来ました。彼は自分の立場をカサにきて、淳子さんを我が子の嫁に迎えたいと社長に強要するのでした。
 そんな時、文太郎さんのひいた設計図が…。
 石原さんが文太郎さんに委ねた愛の設計図とはなんだったのでしょうか。


女事務員 末子 戸田ルナ
同 雅代 泉しずか
支配人 塩川 江口直彌
大崎の娘 淳子 桑野藍香
祝賀の客 佐野 都築謙次郎
その妻 邦子 夢ゆかり
祝賀の客 元木 藤田功次郎
その妻 君江 千葉由香
淳子の友人 ひろ子 千草明日翔
同 清美 成P綾乃
同 良美 河合美佳
建設作業員 正田 植栗芳樹
同 飯沢 山本和孝
同 川田 関口義郎
同 三谷 甲斐正法
同 粂田 胡蝶英治
粂田の妻 やえ子 里美羽衣子
お手伝い 光枝 前田絵美
建設作業員 鶴井 塩の屋きくお
同 真野 竹本真之
現場監督 石原堅造 曽我廼家八十吉
洋品店の人 正子 中谷容子
雑貨店の人 安子 奥山陽子
石原の妻 時子 紅壱子
文太郎の母 文江 大津嶺子
同 姉 利子 川奈美弥生
社長 大崎 田次郎
大崎の妻 早苗 井上惠美子
建設作業員 間文太郎 藤山扇治郎
技師 河野富雄 曽我廼家文童
河野の息子 照夫 森光冬
自家用運転手 日野 曽我廼家寛太郎
「大当り高津の富くじ」平成28年5月 大阪松竹座 平戸敬二  作/米田亘  演出

 大阪きっての紙問屋、亀屋の息子伊之助は、小さいころから何不自由なく育ち、金の有難みが皆目わかっていません。昨日は曽根崎、今日は新町、明日は堀江と毎日毎日芸者を総揚げしての放蕩三昧。とうとう見るに見かねた父親は伊之助を勘当してしまいます。
 伊之助が転がり込んだ先は、亀屋に出入りしている大工の棟梁辰五郎の家でした。亀屋には親の代から世話になり、ひとかたならぬ恩義を感じている辰五郎は気持ちよく伊之助を迎えますが、なかなかやみそうにない伊之助の放蕩三昧にさすがの辰五郎も呆れ顔です。
 そんなある日、伊之助にとっては義理の母、後妻のおよねが辰五郎を訪ねてきました。およねの話によれば、「贅沢罷りならぬ」のお布令により、上質紙の売れ行きが落ちて、老舗を誇る亀屋の身代も五百両の金がなければ、のれんを降ろさなくてはならないところまで来ていて、伊之助の父親もこれを苦に、病の床につく有様でした。
 しかし、そんなこととは露知らぬ伊之助は、困っている人に出会う度に、人の難儀や人の命が金で助かるならと、次々と金と引き換えに人を助けていきます。
 ところが、世の中を甘くみていた伊之助の身の上に、初めて金の尊さ、金の有難みが分かる時がやって来たのです。それは何の気なしに買った一枚の富札で……。


大工 八造 藤田功次郎
同 竹松 植栗芳樹
芸者 色香 成瀬綾乃
仲居 おきた 夢ゆかり
手代 新助 中川雅夫
大工の棟梁 辰五郎 曽我廼家八十吉
髪結い 長吉 曽我廼家寛太郎
亀屋の番頭 太助 曽我廼家玉太呂
同 御寮さん およね 波乃久里子
おちょぼ おくめ 千草明日翔
女義太夫 りん蝶 桑野藍香
難波の仙兵衛 江口直彌
子分 熊吉 山本和孝
同 三八 胡蝶英治
亀屋の若旦那 伊之助 渋谷天外
小屋の者 由造 曽我廼家一二三
弟子 お花 前田絵美
太鼓持ち とん八 森光冬
芸者 小福 里美羽衣子
同 光弥 渡辺凛賀
同 友葉 河合美佳
同 力丸 久藤和子
辰五郎の女房 おとき 井上惠美子
霊感師 さわ 紅壱子
さわの弟子 たま 戸田ルナ
大工の小頭 市三 藤山扇治郎
付け馬 亀造 塩の屋きくお
初の家の仲居 お末 川奈美弥生
立花屋の男衆 徳七 関口義郎
りん蝶の母親 おえん 大津嶺子
近所の男 甲吉 竹本真之
同 女 おつの 中谷容子
紋付袴の男 佐兵衛 甲斐正法
世話方 甲 曽我廼家一二三
同 乙 塩の屋きくお
同 丙 竹本真之
同 丁 山田俊
参詣の人 おまつ 千葉由香
同 おうめ 泉しずか
通行の人 一 塚本安屋子
同 二 奥山陽子
同 三 西田留美
参詣の男女 大ぜい
「堀江川」「裏路地」「丘の一本杉」「色気噺お伊勢帰り」「お祭り提灯」「愚兄愚弟」
「お種と仙太郎」「ふるさとに橋あり」「浪花の夢」「えくぼ」「浪花の夢 宝の入船」「 平成二十七年度  第70回文化庁芸術祭演劇部門(関西)大賞受賞 道頓堀開削四百年 はるかなり道頓堀」
  • 公式サイト