衛星劇場 あなたのテレビライフを豊かにする。邦画・洋画・韓流・歌舞伎などバラエティに富んだ上質エンターテインメントチャンネル

邦画・洋画・韓流・歌舞伎などバラエティに富んだ上質エンターテインメントチャンネル

機能リンク

Special Interview パク・ミニョン&ソ・ガンジュン

パク・ミニョン&ソ・ガンジュン

ラマ「天気が良ければ訪ねていきます(原題)」が、日本初放送されます。今作が日本で放送される感想について教えてください。


パク・ミニョン「このドラマには、夏以外の3つの季節が描かれています。季節の移り変わりがぎゅっと詰まっている作品です。皆さんに私たちががんばって撮った作品をお見せできることができて、まず嬉しいですね。皆さんにドラマが伝えたいメッセージがうまく伝わってほしいです。心に傷を抱えた二人の心が、氷のように溶けていく…、それがメインのメッセージなのですが、その部分を集中して見てくれたらと思います」


ソ・ガンジュン「僕も同じ気持ちです。日本でも韓国でもそうだと思いますが、人が誰かに会う時に、誰もが少しだけ恐れる気持ちを持っていると思うんです。人それぞれに近付きがたい柵や壁がある場合が多いと思います。この作品を通して、その壁が少しでも崩れたらいいなと思いますし、あとで心に傷を負うことになったとしても愛する覚悟を決められる作品になると思います」


今作への出演を決めた理由は何ですか?


ソ・ガンジュン「僕は原作小説にハマっていたんです。ドラマは少し内容が違う部分もありますが、小説が持っているメッセージ性や雰囲気がすごく良かったんです。だからそれを期待しながら、この作品の台本を読みました。期待した以上に原作の良さがしっかり込められていて、とても満足しました」


パク・ミニョン「私は映画の中で、日本映画の「ラブレター」みたいに冬の雪原を背景にした映画が好きなんです。最初に原作小説を読んだときの印象がそういう感じでした。本作の前に私はロマンティック・コメディ作品を2本やって、自分にも少し一休みするような作品が必要かなと思っていた時期に、この作品のお話が来たんです。もちろんヘウォンという人物を表現するのは難しいと思いましたが、このヘウォンを美しい背景の中に溶かしてみたいと思い出演を決めました」


お互いの第一印象はどうでしたか?


ソ・ガンジュン「ヌナ(パク・ミニョン)はとても綺麗でしたよ」


パク・ミニョン「(笑) 歌のタイトルかと思った(笑)」


ソ・ガンジュン「本当に綺麗だな〜、ヌナ。光り輝いていますよ。 顔合わせのときに、黒を基本とした、柄があるシャツを着てきたんです。そのときに共演者や監督さんたちが集まって、「本当に綺麗だな〜」と…。第一印象はこんな感じでした」


撮影を通して変わった点は?


パク・ミニョン「そのときだけ綺麗だったんですよ(笑)」


ソ・ガンジュン「(爆笑) 違いますよ(笑)。だけどヘウォンという人物は地味な女性というイメージだったので、こんなに美しくて光り輝いているヌナとはキャラクターが合わないんじゃないかと思ったんです。でも撮影をしてみたら、また違うんですよ。すごく地味でした」


パク・ミニョン「(苦笑)」


ソ・ガンジュン「撮影中はウンソプとして演じるのですが、自然と役に没頭できました」


パク・ミニョン「最初はキャスティングを間違えているなと思いました。ウンソプにしてはかっこよすぎるからです。正直、この顔で田舎で本屋をやったら、インスタの写真を1枚アップするだけですごい宣伝効果があるだろうし(笑)、これはミスキャストだと思ったんです。でも、その心配は撮影に入ってすぐになくなりました。背景のカラーに溶け込んでいて、本当に本屋の主人として現れたので、「この人はやっぱり俳優だな」と思って、その後からはずーっと感情のラインに従って演じるだけでした」


日本の視聴者にオススメのシーンや視聴ポイントは?


パク・ミニョン「ソ・ガンジュンさんのカッコいい美貌を鑑賞できる、映像画報のような作品であるところです(笑)。本当にガンジュンさんが役柄に合っていて、素敵な姿が視聴ポイントですよ」


ソ・ガンジュン「ウンソプが初めて勇気を出して、ヘウォンとの距離を縮める、山の頂上でのキスシーンを選びたいです」


パク・ミニョン「それとあのシーンも良かったですよ!同窓会の映像美がすごく良かったです」


ソ・ガンジュン「ああ〜!第6話のね!同窓会のシーンもすごく綺麗でした。「いつウンソプは勇気を出すんだ?」というもどかしい気持ちに皆さんもなるかと思いますが、第8話でのウンソプとヘウォンの美しい山頂シーンはオススメのシーンです」


最後に日本のファンの皆さんにメッセージを。


パク・ミニョン「冬の田舎を舞台にしたひっそりとした感性は、私たちだけでなく日本の皆さんにも愛していただけると思います。みなさんにとって、冬を思い出すようなドラマになったら嬉しいです。愛してくださいね」


ソ・ガンジュン「ドラマの中で季節が冬から春に変わっていきます。ウンソプとヘウォンもそうですが、そこに住む人々の心も少しずつ氷が溶けるように愛情が芽生えていく美しいお話です。ぜひご覧ください」



衛星劇場:番組の視聴方法はコチラ

スペシャルインタビューバックナンバー