衛星劇場 あなたのテレビライフを豊かにする。邦画・洋画・韓流・歌舞伎などバラエティに富んだ上質エンターテインメントチャンネル

邦画・洋画・韓流・歌舞伎などバラエティに富んだ上質エンターテインメントチャンネル

機能リンク

Special Interview RAIN(ピ)

 RAIN(ピ)

『ウェルカム2ライフ』はどんなドラマですか?


「『ウェルカム2ライフ』は、現実世界とパラレルワールドの2つの世界が登場するのですが、その中にはまず、家族思いの温かい心を持った男性の姿、拝金主義の悪徳弁護士、そして正義を貫く検事の姿!この3つの姿を持ったキャラクターが登場するんです。どなたでも楽しめる物語なので、ぜひご覧いただきたいですね。今作をさらに理解するために、二度、三度と何度もご覧になるのもいいと思います!」


RAINさんが演じられたイ・ジェサンはどんな人物ですか?


「イ・ジェサンは、現実世界では人と人との関係性よりも自分の利益が優先で欲深く、どんな手を使ってでも自分の依頼人の弁護を全うする悪徳弁護士で、パラレルワールドでは、家族のために生きる温かい夫・父親であり、正義を貫く検事なんです。2つの世界を行き来する姿が本当に面白いので、楽しくご覧いただけると思います!」


もしもパラレルワールドが実在するとしたら、RAINさんは、どんな仕事をしていると思いますか?


「私は、サッカー選手かゴルファーですね。機会さえいただければ、一生懸命頑張ります。(韓国年齢で)38歳なので、今から始めるには遅いかもしれませんが…。今から始めたら、50代くらいでプロに転向できると思うのですが、その頃の体力だと15分くらいしかもたないでしょうね(笑)。」


自分の将来だけを考える自己中心的な人物から、家族の愛を知り、温かい心の持ち主へと変化していくジェサンの姿も今作の見どころの一つだと思うのですが、感情の変化を表現するのは大変ではなかったですか?


「その時々の感情の変化を16話の撮影の間、保ち続けるのは容易ではなかったですね。ある時は悪徳弁護士、ある時は、果てしない温かさを持った家長。こういった主体性を持ったまま、表現していくのはかなり難しかったのですが、監督さんのおかげでやり遂げることができたように思います。」


『ウェルカム2ライフ』で、また新たな姿を披露してくれたRAINさんですが、今作で一番に思い浮かぶことは何ですか?


「一番に思い浮かぶことは“ハード”ですね。本当に大変で苦労しながら撮影をしたおかげで、出演者、スタッフ全員がたくさん成長しながら、幸せを感じられた作品なのではないかなぁと思います。」


衛星劇場:番組の視聴方法はコチラ

スペシャルインタビューバックナンバー