衛星劇場 あなたのテレビライフを豊かにする。邦画・洋画・韓流・歌舞伎などバラエティに富んだ上質エンターテインメントチャンネル

邦画・洋画・韓流・歌舞伎などバラエティに富んだ上質エンターテインメントチャンネル

機能リンク

Special Interview ソ・イングク&チョン・ソミン 日本ドラマのリメイク作『空から降る一億の星』主演のソ・イングク×チョン・ソミンSPインタビュー!

ソ・イングク&チョン・ソミン

・イングクのドラマ復帰作として話題を集めた『空から降る一億の星』を早くも日本初放送!北川悦吏子脚本の本作は、韓国でも放送当時人気を集め、熱狂的なファンを生み出した。主演の2人が韓国での放送直前にインタビューに応じてくれた。


ソ・イングク(以下、イングク)「日本でもすごく有名なドラマが韓国でリメイクされることになり、素敵な共演者の皆さんと撮影に励んでいます。早くも衛星劇場で放送されるという朗報を受け、とても光栄です。原作は本当に楽しく拝見しました。僕個人の考えですが、人間の心理的な部分を刺激する鋭い視点で描かれた作品だと感じたんです。リメイク作品といっても、そっくりそのまま描かれるわけではなく、韓国ならではのカラーで再解釈して描かれるので、原作とはまた一味違う新しいドラマになると思います。」


チョン・ソミン(以下、ソミン)「私も原作を拝見して、とても深い感銘を受けました。特に終盤部分は心がすごく締め付けられるような内容でしたが、その余韻がずっと残っていました。今作(韓国版)の台本もすごく面白く、新たな雰囲気で描かれているので、挑戦することにしました。」


Q. イングクさん演じるムヨンはすべてをゲームだと考える人物。演じるうえで難しい点は?


イングク「性格は鋭いけれど、感情の起伏は激しくないので、そんな彼の人格を維持しながら、人と人との相対性を表現する点など、そういった点を細かく演じるのは大変ではあります。難しい役ですがとても魅力的な人物です。」


Q. ジンガンはそんな危うさのあるムヨンを変えようとしますが、役作りの上で準備したことは?


ソミン「ムヨンは心の傷や寂しさのせいで心を閉ざして生きていますが、そんな彼にジンガンは“あなたにも必ず温かい部分があるはず。だからこっちの世界へ来て…”と、ムヨンを明るい方へと引っ張っていこうとします。そんな彼女の世界観を大切にしながら、演じるよう努力しています。」


Q. 現場の雰囲気はいかがですか?


イングク「すごく良いです!」


ソミン「(笑) はい。私が今作が好きな理由の一つは、全体的なトーンは暗くて悲しいけれど、合間合間にウィットとユーモアが隠れていることです。現実的なセリフでやり取りしあったり、すごく面白いんですよ。演技の相性も抜群ですしね。」


イングク「入り時間より早く到着しても、すぐに現場に向かいます。すぐに車から降りてスタッフさんや共演者さんに挨拶して、冗談を言い合ったりして…。本当に楽しく幸せな現場ですね。」


Q. ムードメーカーどなたですか?


イングク「今作では“この人だ!”とはっきりと言えるような人はいないですね。」


ソミン「私が1人で撮影していても、イングクさんが来たら、イングクさんがムードメーカーで、そこにソンウンさんが来たら、ソンウンさんに変わる感じで…(笑)。」


イングク「僕の撮影中にソミンさんが来たら、ソミンさんがムードメーカーになりますしね!各自がそれぞれの役割を果たしていて楽しいです。本当に現場をお見せしたいくらいです!」


Q. これからご覧になる日本の皆さんに一言。


ソミン「このドラマはミステリー・ラブストーリーです。ミステリーやスリラーが好きな方も、美しくも悲しいラブストーリーが好きな方も、どんな方にも楽しんでいただけるドラマなので、ぜひご覧ください!」


イングク「僕のファンの皆さんにはすごく久しぶりの挨拶となり、まずは“ごめんなさい”と伝えたいです。こうして久しぶりに挨拶できることになりましたが、今作では皆さんがガッカリしないくらい素敵で完璧な姿をお見せますので、期待してくださいね!」



衛星劇場:番組の視聴方法はコチラ

スペシャルインタビューバックナンバー