衛星劇場 あなたのテレビライフを豊かにする。邦画・洋画・韓流・歌舞伎などバラエティに富んだ上質エンターテインメントチャンネル

邦画・洋画・韓流・歌舞伎などバラエティに富んだ上質エンターテインメントチャンネル

機能リンク

Special Interview 夏川結衣 どこか滑稽だけど愛くるしくて憎めないそんな人間味あふれたところが平田家の魅力

夏川結衣

田洋次監督が手掛ける人気喜劇シリーズ『家族はつらいよ』で平田家の主婦・史枝を演じている夏川結衣。第3弾となる本作では、日頃の鬱憤が夫・幸之助のひと言で爆発し、史枝が家出をするという驚きの展開に。


「台本を読んだ時は驚きましたけど、史枝が中心だとは思いませんでした。あくまでも物語を進めるきっかけを作る役回りで、家出をした史枝に対して周りの人たちがどう思い、どう動いていくのかという話なんだなと。ただ、撮影中に関係者の方たちから『今回はメインだね』って言われて、これは大変なことなんじゃないかと急に緊張し始めました(笑)」


史枝がいなくなった平田家は、はたから見ても滑稽なほどアタフタする。


「平田家の男性陣は全員ダメですよね(笑)。でも、それを『しょうがないわねぇ』と笑えてしまうところが平田家の魅力だと思っています。人間は滑稽だけど愛くるしくて、どこか憎めない。そんな人間味あふれる作品が山田監督の映画。実際に、平田家のような家族が近くにいたら大変ですけどね(笑)」


山田組の現場は「学校のようで、いつも勉強させていただいてます」と語る夏川。


「アイロンをかけるシーンは、セリフと動きの両方に気を遣わないといけないので難しかったです。ワイシャツを使いながら史枝がイライラしている気持ちを表現するお芝居では、山田監督が思い描いているものに近付くまで時間が掛かりました。自分の中では忘れられないシーンですね」



衛星劇場:番組の視聴方法はコチラ

スペシャルインタビューバックナンバー