衛星劇場 あなたのテレビライフを豊かにする。邦画・洋画・韓流・歌舞伎などバラエティに富んだ上質エンターテインメントチャンネル

邦画・洋画・韓流・歌舞伎などバラエティに富んだ上質エンターテインメントチャンネル

機能リンク

Special Interview 王は愛する(原題) 胸キュン必至の時代劇『王は愛する(原題)』主演イム・シワン×ユナ(少女時代)×ホン・ジョンヒョンのSPインタビュー!

イム・シワン、ユナ(少女時代)、ホン・ジョンヒョン

左からホン・ジョンヒョン、ユナ(少女時代)、イム・シワン

『王は愛する』が日本で放送される感想と、作品の紹介をお願いします。


イム・シワン:日本の皆さんとこうしてまたお会いできる機会をいただけたことをありがたく思います。僕が演じるワン・ウォンは、高麗時代に実在した忠宣王(チュンソンワン)をモチーフにしており、孤独・愛・怒りなど様々な顔を見せる魅力的な役で、演じがいのある役柄です。


ユナ:私は高麗時代最高の大商人であるウン・ヨンベクの娘、ウン・サン役を演じました。ワン・ウォンとワン・リン、二人の男性から愛されるキャラクターです。私が一生懸命撮影してきた作品が、日本の皆さんにご覧いただけることになりとても嬉しいです。


ホン・ジョンヒョン:僕は、ワン・リンというキャラクターを演じました。ワン・リンは、シワン兄さんが演じるワン・ウォンと幼い頃からの友人であり、忠実な臣下です。それから護衛武士でもあるので、いつもそばで彼を見守るキャラクターなんですが、サンという人物に出会い、サンとウォンの愛と友情の狭間で葛藤するようになっていきます。今作は、日本の皆さんも十分に楽しめる要素が詰まったドラマだと思うので、たくさんの方々にご覧いただけると嬉しいです!


役作りとして特別に準備したことは?


ホン・ジョンヒョン:今作は時代劇ですし、僕は護衛武士役なので…。撮影に入る前に乗馬を学んだり、アクションスクールに通って稽古をしました。それから役柄を演じるに当たり、撮影前は一人で一生懸命台本を読んで、役柄を分析したりもしましたが、クランクインしてからは、共演者の皆さんや監督さん、作家さんたちと、“どうすれば役柄を最大限に表現できるのか”という点について相談を重ねました。


ユナ:私が一番重点を置いて準備したことは、やっぱりアクションですね。私は今まで挑戦したことがありませんでしたが、アクションスクールに通ったりして、とても楽しく撮影することができました。代役なしで私が演じたシーンもたくさんあるんですよ。


イム・シワン:僕も皆と同様、アクションですね。僕は王の役なので、戦うシーンはないと思っていたのですが意外と多かったです(笑)。初めて乗馬も習いましたしね。それから、共演者の皆さんと円滑に息を合わせられるよう、飲み会にもたくさん行きました。


現場での記憶に残るエピソードは?


ホン・ジョンヒョン:今作の初撮影は済州島だったのですが、済州島は美味しいお店が本当にたくさんあるんです。だから、撮影をして移動する時間になると、スタッフさんたちが自ら近くにある美味しいお店を探してくれたり…。いつも、撮影の合間に美味しいお店を探していた記憶がありますね。その時間も楽しかったです。


ユナ:この3人での撮影の時は、いつも一緒に食べていましたね。


ホン・ジョンヒョン:そうですね。撮影が早く終わった人は、残りの2人を待ったりしてね。


ユナ:それぞれの(事務所の)スタッフさんたちも一緒に待ってました(笑)。


イム・シワン:それから、済州島の撮影現場のすぐ隣が残念なことに、ゴーカート場だったんですよ(笑)。その時の撮影は、想像していたよりもタイトなスケジュールだったのですが、せっかく済州島に来たのに、何もせずに帰るなんて名残惜しいなって話していたら、都合悪くゴーカート場が隣にあって“ご飯食べるのは諦めて乗ろうか”ってことになり、ジョンヒョンチームと僕のチームに分かれて…。ユナはその時…?


ホン・ジョンヒョン:撮影だっけ?


ユナ:二人が何も言ってくれないから、私は先にご飯を食べてたんですよ!


ホン・ジョンヒョン:アハハハ。


ユナ:ご飯を食べながら“どうしてみんな来ないんだろう?”って。そしたら、二人はゴーカートに乗りに行ったって…。


ホン・ジョンヒョン:ごめん…。ゴーカートを見つけた瞬間、体が勝手に…。気が付いた時には、ゴーカートから降りてるところだったんだよ。


ユナ:もぉ…まったく!(笑)


イム・シワン:誤解です。(ユナが)僕たちを見捨てて、先にご飯を食べちゃったんですよ。


ホン・ジョンヒョン:アハハハ。


皆さんにとって『王は愛する(原題)』はどんな作品ですか?


ホン・ジョンヒョン:本当に楽しみながら撮影できた作品ですね。こんなに共演者同士仲良くなれることは珍しいことだったので、撮影を終えて名残惜しい気持ちはあります。それから、このメンバーはドラマが終わってもずっと縁が続くだろうと感じているので、僕にとって今作は“素敵な人たちと出会えた作品”ですね。


ユナ:私もジョンヒョンさんと同感です。“素敵な人たちと出会えた作品”です! それからウォン、サン、リンの三人には本当にさまざまな出来事が起きるので、演技の面に関しては、“幅広い感情を感じさせてくれた作品”だと思います。


イム・シワン:僕にとっては“ユナとジョンヒョンに出会わせてくれた作品”ですね。それだけで、大きな意味があると思います。



衛星劇場:番組の視聴方法はコチラ

スペシャルインタビューバックナンバー