<映画>5月・6月は「生誕100年 番匠義彰監督特集」!松竹娯楽映画のエース・番匠義彰監督の特集が決定!

2022/5/1

 

衛星劇場では、2022年5月に生誕100年を迎える松竹娯楽映画のエース・番匠義彰監督の作品を特集放送!
「生誕100年 番匠義彰監督特集」と題して、2ヶ月にわたりお届けします。お楽しみに!

 

 

「かりそめの唇」 ©1955 松竹株式会社

 

「抱かれた花嫁」 ©1957 松竹株式会社

 

「銀嶺の王者」 ©1960 松竹株式会社

 

<生誕100年 番匠義彰監督特集> 5月のラインナップ

 

『かりそめの唇』
1955年 [監督]番匠義彰 [原作]北条誠 [脚色]馬場当
[出演]川喜多雄二、本橋和子、藤乃高子、清川新吾、淡路恵子
水野書房という貧乏出版社に勤めるかたわら夜間高校の教師もやっている早見哲夫は、伯父の実業家津田剛造の会社へも入らず、自力で生きることを誇りとしていた。早見に積極的な愛情を寄せる剛造の娘千春は、早見をドライブに誘い、その車で子供を轢きかけてしまう・・・。

 

『駄々ッ子社長』
1956年 [監督]番匠義彰 [原作]船山馨 [脚色]柳井隆雄
[出演]大木実、加東大介、浦辺粂子、明石潮、藤乃高子
父から受けついだ会社を経営の不手際から潰してしまった大助は、身分をかくして叔父の六兵衛のゴルフ友達で金春レーヨンの社長金剛春吉の会社に修業のため小使いとして勤めることになった。大助はこの会社で事務員をしている香月阿矢子と知合い恋に落ちるが・・・。

 

『母と子の窓』
1957年  [監督]番匠義彰 [原作]竹田敏彦 [脚本]猪俣勝人
[出演]杉田弘子、高橋貞二、田村高廣、小林トシ子、水戸光子
東京の片隅にある母子寮に勤務する保母の圭子。彼女は親しくなった富豪の息子・陽一の求婚に戸惑うが、貧しい母子寮の窓の灯となるのが自分の幸せと想い・・・。母子寮をテーマにした社会派ドラマ。

 

『抱かれた花嫁』
1957年 [監督]番匠義彰 [脚本]椎名利夫、光畑碩郎
[出演]高橋貞二、有馬稲子、高千穂ひづる、大木実、田浦正巳、日守新一、望月優子
浅草の老舗「鮨忠」の女将・ふさは、戦争未亡人ながら3人の子を育て上げ店まで切り盛りする男まさり。ところが、長男は芸術家肌で鮨屋を嫌って家出し、次男も哲学を学ぶ変り者で店を継ぐ気を見せない。頭の痛いふさは、仕方なく長女の和子に養子を迎えようとするのだが・・・。明朗喜劇『花嫁』シリーズ第1作。

 

『白い炎』
1958年 [監督]番匠義彰 [原作]井上靖 [脚色]柳井隆雄
[出演]高千穂ひづる、大木実、田村高廣、山鳩くるみ
木津と恋仲だった那津子だが、ちょっとしたことで仲違いをしてしまい木津は愛子と結婚することになった。そして那津子は新聞記者を辞め今は実業家として頭角を現してきた的場と知り合い、ついには結婚することになった。大阪での的場の事業は発展し那津子は幸せそうに見えたが、昔の恋人・木津が株で失敗したことを知り、的場に援助を頼むのだった。

 

『坊っちゃん(1958年)』
1958年 [監督]番匠義彰 [脚本]椎名利夫、山内久 [原作]夏目漱石
[出演]南原伸二、有馬稲子、伴淳三郎、伊藤雄之助、トニー谷、三井弘次
原作は夏目漱石の同名小説。南原伸二を主役に松竹映画初の「坊ちゃん」作品。その後坂本九や中村雅俊主演でリメイクされる。塩原昌之助は東京から、四国松山の中学へ赴任した。素朴で正義感の強い江戸っ子である。早速、坊っちゃんという仇名がつけられた。

 

『橋』
1959年 [監督]番匠義彰 [原作]大佛次郎 [脚本]柳井隆雄
[出演]大木実、岡田茉莉子、石浜朗、渡辺文雄、笠智衆
もと海軍少尉の老提督が、敗戦の生き残りとして、自分一人の力で厳しい現代社会に対抗して、頑固に生活する姿を中心に、次女の力強く生きようとする姿、彼女を巡る貿易ブローカー、醇朴な大学生の若き世代の恋、長女とその夫の学者との生活、提督の旧部下の情義など、異なった世代の人々が織りなす人間模様を浮き彫りにした文芸大作。

 

『銀嶺の王者』
1960年 [監督]番匠義彰 [脚本]椎名利夫 [出演]トニー・ザイラー、鰐淵晴子、富士栄清子、南原宏治
オリンピックで3つも金メダルを取ったベテランスキーヤーのトニーは、雪崩で友人を失った心の痛みを癒すため貨物船で働きながら日本にやって来た。船の司厨長・小谷と親しくなったトニーは、小谷の妹八重子と出会い心惹かれるようになる。小谷の田舎・信州に行ったトニーだが、なかなか八重子に自分の気持ちが伝えられず・・・。

 

6月のラインナップが決定!!

 

『三羽烏再会す』
1956年 [監督]番匠義彰 [原作]北条誠 [脚色]柳井隆雄、中山隆三
[出演]大木実、川喜多雄二、渡辺文雄、杉田弘子、紙京子、藤乃高子、伴淳三郎
ラジオ東京連続放送劇(TV)、小説倶楽部連載の北条誠原作“明日の花びら”を映画化した青春明朗喜劇。

 

『恋とのれん』
1961年 [監督]番匠義彰 [脚本]柳沢類寿、菅野昭彦
[出演]淡島千景、桑野みゆき、山下洵一郎、峯京子、伴淳三郎
『渦』のコンビ番匠義彰監督と、生方敏夫が撮影した明朗下町喜劇。

 

『クレージーの花嫁と七人の仲間』
1962年 [監督]番匠義彰 [原案]青島幸男、赤坂四郎 [脚本]富田義朗、芦沢俊郎、菅野昭彦
[出演]ハナ肇、倍賞千恵子、植木等、高千穂ひづる 淡路恵子 伴淳三郎
番匠義彰が監督した喜劇もの。ハナ肇とクレージーキャッツ第1回主演作品。ピーナッツが「恋のフーガ」を歌い、藤木孝とスマイリー小原は見事なツイストを披露している。

 

『太陽を抱く女』
1964年 [監督]番匠義彰 [脚本]富田義朗
[出演]真理明美、三ツ矢歌子、山本豊三、菅原文太、沢村貞子、佐野周二、清水まゆみ
デザイナーを夢見て北海道から上京したスマートで爽やかな感じの美しいお手伝いさんを描いた健康的で明るいコメディー作品。前作『モンローのような女』でオーディションで選ばれた、真理明美の主演映画第2作。

 

『ウナ・セラ・ディ東京』
1965年 [監督]番匠義彰 [脚本]山根優一郎
[出演]鰐淵晴子、園井啓介、待田京介、久保菜穂子、山形勲、高野真二
日本で生まれ、たちまち世界中で大流行した、ムードメロディ『ウナ・セラ・ディ東京』の甘美哀愁の雰囲気をふんだんに盛り込んだムードロマンの決定版!

 

 

 Twitter 
毎日の放送情報の御案内や放送決定情報、
フォロワー限定プレゼント、コメント配信、ドラマのあらすじ紹介など盛りだくさん!

衛星劇場Twitter公式アカウント(@EISEI_GEKIJO)
https://twitter.com/EISEI_GEKIJO

 

 Instagram 
出演者コメント動画等を随時掲載!
Twitterと合わせて、チェックしてね!フォローして頂けると嬉しいです!

衛星劇場インスタグラム公式アカウント(https://www.instagram.com/eiseigekijo/)

 

 LINE 
衛星劇場 LINE公式アカウント
(韓流 @kvs0241o)(舞台 @vnq4522t

 

☆引き続き皆様からのリクエストをお待ちしております!

≫ リクエストはこちらから

 

 

衛星劇場を観るには

 

衛星劇場についてのお問い合わせ

 

衛星劇場 視聴方法

 

 

<スカパー!プレミアム新規WEB加入者限定キャンペーン!>
お申し込みはこちらのバナーをクリック!
スカパー!プレミアム0円キャンペーン
(注)上記のバナーからのお申し込み手続きを全て完了された方のみがキャンペーン対象者となります。

 

 

キャンペーン・PR Campaign & PR

SNS

衛星劇場
LINE公式アカウント
8