衛星劇場 あなたのテレビライフを豊かにする。邦画・洋画・韓流・歌舞伎などバラエティに富んだ上質エンターテインメントチャンネル

邦画・洋画・韓流・歌舞伎などバラエティに富んだ上質エンターテインメントチャンネル

機能リンク
  • 加入申し込み
  • 会員登録
  • 番組表

劇場への扉

舞台「里見八犬伝」

八つの不思議な玉を持つ八犬士がこの世の滅亡を企む悪霊集団に勇猛果敢に立ち向かう冒険活劇。滝沢馬琴が約200年前に書いた長編小説「南総里見八犬伝」をもとに、平成版として創作したスペクタクル時代劇『里見八犬伝』を山ア賢人主演で待望の再演。胸を打つ人間ドラマ、手に汗握る大立ち回り、さらにグレードアップした迫力と感動のアクション・エンターテインメント。
劇作家・鈴木哲也が既存の設定をもとに新たに書き下ろし、故・深作欣二監督の映画の代表作でもある作品を、息子の深作健太が演出する。
原作「南総里見八犬伝」の故郷である千葉県館山市の南総文化ホールを皮切りに、東京、大阪、高松、高知、長崎、福岡、金沢、広島、愛知、青森、仙台、東京凱旋、全国12都市で上演された。今回は4月の東京公演の模様をお届けする。

2017年
[演出]深作健太
[脚本]鈴木哲也
[出演]山ア賢人 青木玄徳 玉城裕規 和田雅成 西銘駿 松島庄汰 荒井敦史 丸山敦史 /
    青野楓 栗山航 松田賢二 比嘉愛未

インタビュー
尺には尺を

蜷川幸雄演出・監修のもと、シェイクスピア戯曲全37作品の上演を目指し1998年にスタートした「彩の国シェイクスピア・シリーズ」の第32弾。衝撃的な物語の展開から、喜劇であると同時に、問題劇とも呼ばれる本作には、ひと癖もふた癖もある個性的で魅力的なキャラクターが登場する。
出演は、『海辺のカフカ』での繊細な演技が海外でも好評を得た藤木直人、確かな演技力で『わたしを離さないで』のヒロインを瑞々しく演じた多部未華子が本シリーズに初登場。『日の浦姫物語』や『ヘンリー四世』などで重要な役どころを演じてきた萬長ら、近年の蜷川演出作品で活躍する豪華な顔ぶれが揃った。

2016年
[演出]蜷川幸雄
[作] W. シェイクスピア
[出演]藤木直人 多部未華子 立石涼子 石井愃一 萬長 / 原康義 大石継太 廣田高志 間宮啓行
    妹尾正文 岡田正 清家栄一 飯田邦博 新川將人 野辺富三 周本絵梨香 鈴木彰紀 竪山隼太
    手打隆盛 堀源起 松田慎也 内田健司 浅野望 小島幸士 藤巻勇威

   
インタビュー コラム
劇場への扉〜アンコールSP〜
こまつ座「木の上の軍隊(2016年版)」

ある南の島。ガジュマルの木に逃げ込んだ兵士二人は、敗戦に気づかず、二年間も孤独な戦争を続けた――。実話から生まれたいのちの寓話が今、語りかける。
井上ひさしが残した大量の資料本とメモ1枚を基に、気鋭の劇作家・莱竜太が書き下ろし、井上ひさしがもっとも信頼を寄せた栗山民也が演出を手掛ける。
人間のあらゆる心情を巧みに演じ分け、観る者の心に深く刻みつける山西惇が、再び本土出身の“上官”を演じる。注目の新キャスト・松下洸平は、柔らかく、おおらかな存在感で島出身の“新兵”に挑む。歌手・普天間かおりをガジュマルに棲みつく精霊“語る女”に抜擢。琉歌に乗せて島の風を吹き込む。

2016年
[原案]井上ひさし
[作]莱竜太
[演出]栗山民也
[出演]山西惇 松下洸平 普天間かおり ほか

鱈々(だらだら)

韓国演劇界の巨匠・李康白が1993年に発表した傑作4人芝居を、日本を代表する演出家・栗山民也の演出で上演。主演は、映像分野に活躍の場を広げながら、原点である舞台で常に新しい挑戦をし続ける俳優・藤原竜也。今回、初めて韓国戯曲に挑む。共演には、数々の主演舞台を経て、演劇界で確実に存在感を増している個性派俳優・山本裕典、話題作『焼肉ドラゴン』での熱演が記憶に新しい、演技派女優・中村ゆり、日本の名立たる演出家たちが絶大な信頼を寄せる名優・木場勝己と、豪華な顔ぶれが揃う。

2016年
[演出]栗山民也
[作]李康白
[出演]藤原竜也 山本裕典 中村ゆり 木場勝己    

スペシャルインタビュー コラム
劇場への扉〜アンコールSP〜