衛星劇場 あなたのテレビライフを豊かにする。邦画・洋画・韓流・歌舞伎などバラエティに富んだ上質エンターテインメントチャンネル

邦画・洋画・韓流・歌舞伎などバラエティに富んだ上質エンターテインメントチャンネル

機能リンク
  • 加入申し込み
  • 会員登録
  • 番組表

特選歌舞伎〜高麗屋特集〜

口上 鯉つかみ 銘作左小刀〜京人形
2018年1月・2月連続企画|特選歌舞伎〜高麗屋特集〜

『口上』

出演者:松本白鸚 松本幸四郎 市川染五郎

歴史的な三代襲名を祝う一幕

歌舞伎座130年、そして第5期歌舞伎座開場5年目である2018年1月の高麗屋襲名披露公演から、高麗屋三代の新たな門出を祝った口上をお届け。袴姿の俳優が揃い舞台に並んでお祝いを述べ、二代目白鸚、十代目幸四郎、八代目染五郎が、皆様に襲名披露のご挨拶を申し上げる一幕です。

番組表へ

『鯉つかみ』

出演者:市川染五郎(現・松本幸四郎) 中村児太郎

巨大な鯉を相手に本水を使った大滝での立廻りなど迫力の一幕

志賀之助と釣家の息女・小桜姫は、思いあう仲であるが、紛失してしまった釣家の宝刀「龍神丸」の行方を追うために、志賀之助は小桜姫を残し旅に出ている。志賀之助と遭えない辛さから小桜姫は琵琶湖へ身を投げようとしたところ、そこへ志賀之助の姿に化けた鯉の精霊が現れ…。幻想的な蛍夜から始まり、染五郎の志賀之助が、巨大な鯉を相手に小桜姫を救うべく大立廻りで楽しませる。長唄と竹本の掛け合いに乗せて二人の恋心を踊り、鯉の精と志賀之助の2役早替りでの立廻りは映像を効果的に使い、本水を使った大滝での立廻り。ラスベガス公演など新たな試みに次々と挑戦してきた染五郎(現・幸四郎)が、今回も新たな脚本により、その名前の最後の舞台にふさわしいひと幕を見せる。

番組表へ

『銘作左小刀〜京人形』

出演者:松本幸四郎(現・松本白鸚) 中村東蔵 市村家橘 市川新車(現・市川高麗蔵) 市川染五郎(現・松本幸四郎)

日光東照宮の眠り猫で有名な左甚五郎を主人公にした舞踊劇

彫物の名人・甚五郎が一目ぼれした太夫を思いだしながら精魂こめて掘り上げた人形。しまった箱の中からなぜか人形がひとりでに動き出し、片づけてもまた箱から出てくる。太夫に似せたいと甚五郎の念が映ったのか、何故か動きが甚五郎に似て男っぽい。太夫が落とした大事な鏡を人形の懐にいれるとしとやかになるのだが…。幸四郎(現・白鸚)の甚五郎とユーモラスな動きが楽しい京人形を染五郎(現・幸四郎)で。

番組表へ

スカパー! J:COM

その他CATV(ケーブルTV)やひかりTVでもご視聴いただけます。