衛星劇場 あなたのテレビライフを豊かにする。邦画・洋画・韓流・歌舞伎などバラエティに富んだ上質エンターテインメントチャンネル

邦画・洋画・韓流・歌舞伎などバラエティに富んだ上質エンターテインメントチャンネル

機能リンク
  • 加入申し込み
  • 会員登録
  • 番組表

シムクン♪韓流

ドロドロ復讐劇のスペシャリストが集結して制作!『師匠 オ・スンナム(原題)』

『師匠 オ・スンナム(原題)』

夫に裏切られ、家族も失ってどん底に突き落とされたヒロインが、力強く復讐に立ち上がる物語。『偽りの雫』の脚本家と『福寿草』『棘〈トゲ〉のある花』の演出家、『黒の旋律』の演出家という、ドロドロ復讐劇のスペシャリストが集結して制作されている点には大いに注目です。


平日朝の連続ドラマで、129話に及ぶ物語には、出生の秘密や不可解な死の真相など、お約束の展開がてんこ盛りですが、それだけに、登場人物の人間関係はとっても複雑。ヒロインのスンナムは、幼い頃両親と生き別れ、事故で記憶もなくし、マンピョン夫妻に引き取られて育ちました。マンピョンの家は、古い歴史を誇る伝統家屋を引き継ぐ本家で、亡くなった弟の息子ユミンを養子にとり育ててきました。スンナムはこのユミンと結婚し、娘をもうけて幸せに暮らしていました。実はマンピョンは、23年前に弟(ユミンの父)が亡くなり汚職の汚名を着せられた事故をずっと不可解に思っていて、事故の再調査を依頼します。この事故に関わっていたのは、現在黄龍流通の社長を務めるボンチョル。ボンチョルの娘セヒは、父親の野望により病院理事長と政略結婚させられることになっていたのですが、そんなとき、ある出来事から理事長に恨みを抱くユミンに出会い、ユミンに関心を持つように。一方のユミンも、セヒが黄龍グループの娘だと知り、彼女が自分の武器になると考えるように……。


セヒの登場とユミンの裏切りにより、なんとスンナムは家を追い出されてしまうのです。おまけに愛する娘も亡くしてしまうという不幸の連続。こんな絶望のどん底から、スンナムがどうやって立ち直っていくかが見どころなのですが、スンナムの実母や生き別れた弟の存在、スンナムの母とセヒの父ボンチョルの関係、ボンチョルが関わったユミンの父の死の真相などなど、登場人物たちの因縁と野望、それぞれの事情が見事に絡み合うストーリーは韓国の朝ドラならでは。その展開から目が離せません!