夢の女

作品詳細

作品名
タイトル

夢の女

放送日時

6月25日(火) 午後6:00 - 午後7:45

7月1日(月) 午前11:45 - 午後1:30

7月11日(木) 午前9:35 - 午前11:20

7月24日(水) 午後6:00 - 午後7:45

7月30日(火) 深夜3:15 - 午前5:00

本編尺

99分

製作国

製作年

1993年

侍の娘ながら、娼婦に身を落とした女・お浪の儚い半生を描く。永井荷風の同名の初期小説を久保田万太郎が新派のために脚色した舞台用の台本をもとにして映画化した作品。『外科室』の坂東玉三郎が、再び吉永小百合を主演にして描く監督第二作。

明治も終わりの頃。奉公先の旦那の死により縁を切られ、生まれたばかりの娘・お種も里子に出し故郷に戻ってきたお浪(吉永)は、士族であった父の病気と多大な借金のため、深川州崎遊郭の大店『大八幡』に身を売り、楓という花魁となっていた。三年ぶりに故郷に戻ってきたお浪は、お種が里子先でひどい仕打ちを受けていると聞かされ、年期を延ばして借金を重ねてお種を引き取ることにした。

放送スケジュール

(C)1992 松竹株式会社 / セゾングループ

おすすめ作品

キャンペーン・PR Campaign & PR

SNS

衛星劇場
LINE公式アカウント