清越坊の女たち~当家主母~#8

作品詳細

タイトル

清越坊の女たち~当家主母~#8

放送日時

11月14日(月) 午後10:00 - 午後11:00

11月19日(土) 午後2:00 - 午後3:00

本編尺

48分

製作国

中国

製作年

2021年

プロデューサー

「瓔珞<エイラク>~紫禁城に燃ゆる逆襲の王妃~」プロデューサーがすべての女性の胸を熱くする!清の乾隆帝時代、伝統織物業に生きる女性たちの愛と闘いの日々を描いた感動のヒロイン大河ドラマ!

「瓔珞<エイラク>~紫禁城に燃ゆる逆襲の王妃~」を社会現象になるほどの世界的大ヒットに導いたヒットメイカー、ユー・ジョンがプロデュースし、配信ドラマランキング1位を記録した話題作。当主の愛をめぐり対立する正妻・沈翠喜と妾・曽宝琴。性格も境遇も正反対な2人の対立を中心にした「明蘭~才媛の春~」のような愛憎渦巻くお屋敷ドラマであると同時に、「月に咲く花の如く」と同じく女主人が汚職役人と戦いながら家業を成功させていくサクセスストーリーでもある本作は、女性視聴者から大きな支持を受けた。真の愛を知らずにいた翠喜と、彼女に愛と幸せを教えた薄幸の青年との悲恋ストーリーにも注目。水の都・蘇州の織物技術の最高峰・緙絲の美しさも見逃せない。

【あらすじ】
清の乾隆帝時代、任家の緙絲(こくし)の技術を継いだ一番弟子の沈翠喜は、当主の任雪堂と結婚して屋敷の女主人となり家業「清越坊」を立派に仕切っていた。一方、任雪堂は幼馴染の恋人・曽宝琴との恋を貫き、没落して妓楼にいた彼女を救い出すと別宅に住まわせ子供を作る。しかし、汚職役人の不正事件に巻き込まれた彼は行方不明に。その結果、沈翠喜は夫のいない任家を守るため曽宝琴の産んだ息子を後継ぎとして引き取り、自ら汚職役人と戦うことになるが、それは人々の恨みを買ういばらの道だった。そんな彼女を理解し心を癒してくれたのは息子の教師となった青年・魏良弓だったが……。

放送スケジュール (全35話)

(C) 2022 Huanyu Entertainment Co., Ltd.

関連情報(コラム・特集・プレゼントなど)

おすすめ作品

キャンペーン・PR Campaign & PR

SNS

衛星劇場
LINE公式アカウント