衛星劇場 あなたのテレビライフを豊かにする。邦画・洋画・韓流・歌舞伎などバラエティに富んだ上質エンターテインメントチャンネル

邦画・洋画・韓流・歌舞伎などバラエティに富んだ上質エンターテインメントチャンネル

機能リンク

Special Interview 佐藤健 尚志さんはとても爽やかで笑顔が魅力的な方だから、劇中ではずっと笑っていたかった

佐藤健

話を基に描く奇跡の愛の物語。佐藤は、原因不明の病で意識不明になった婚約者・麻衣(土屋太鳳)の回復を待ち続ける青年・尚志を演じている。


「ドキュメンタリー映像を拝見したのですが、それがとても素晴らしくて感動しました。気付いたら涙が出ていて。とにかくこんな人生があるんだということにびっくりしたし、理屈じゃなくて心に訴えかけてくるものがありました。映画化されるのだったら自分がやりたい、たくさんの人に伝えたいと思いました」


劇中で見せる“笑顔”が印象的だ。


「ドキュメンタリーの中で、尚志さんはずっと笑っていたんです。実際にお会いした時も、爽やかで笑顔が魅力的な方だなと思いました。だから、映画の中ではずっと笑っていたかったんです。終始笑顔なんだけど、涙が流れる映画にしたくて。それはかなり意識していましたね」


今回の作品に出合い、尚志という役を演じたことによって、タイトルにもある“奇跡”という言葉に対してどんな思いを抱いたのだろうか。


「奇跡は、起こるものじゃなくて、起こすものなんだと思いました。ただただ、何もないところに偶然が降りかかってくるわけではなくて、自分でつかみ取るものなんだなと。尚志さんと麻衣さんだから起きた奇跡。お二人は奇跡を起こすほど特別で、魅力的な人たちだったんです」



衛星劇場:番組の視聴方法はコチラ

スペシャルインタビューバックナンバー