瀧川鯉昇「宿屋の富」

お気に入り登録

作品詳細

出演

大金持ちのふりをして、宿屋に転がり込んだ男。男が金持ちだと信じた宿屋の主人に勧められ、なけなしの銭で富くじを買うはめになるのだが…。
上方落語『高津の富』を3代目柳家小さんが東京に移植した古典落語。江戸時代、「富くじ」は神社仏閣の修理改築費用を捻出する為に興行されていた。
(2021年9月18日 江戸東京博物館『粋な江戸前の噺を聴く会』より)

関連情報(コラム・特集・プレゼントなど)

おすすめ作品

キャンペーン・PR Campaign & PR

SNS

衛星劇場
LINE公式アカウント
8