古今亭菊之丞「お見立て」

お気に入り登録

作品詳細

我儘な喜瀬川花魁は、苦手な客に“花魁は危篤だ”ということにして、追い返すよう若い衆に言づける。それでも、見舞いに来るという客に、次は”死んだ”ということにして…。
文化5年の笑話本『噺の百千鳥』の一遍「手くだの裏」を原話とする古典落語の一席。別題「墓違い」。
(2021年9月18日 江戸東京博物館『粋な江戸前の噺を聴く会』より)

関連情報(コラム・特集・プレゼントなど)

おすすめ作品

キャンペーン・PR Campaign & PR

SNS

衛星劇場
LINE公式アカウント
8