名人長次彫

お気に入り登録

作品詳細

こぼれるような艶こめた江戸情緒
真夏の稲妻を思わす名人長次の男意気

江戸でその名を謳われた彫刻師の長次。惜しいことには名人気質で気が向かないと仕事にかからない。長次は彼を慕う踊りの師匠おうたから自慢の一品をけなされたことで落胆し、皆の前から姿を消してしまう。しばらくして再び現れた長次は以前の姿ではなかった。勤皇の志士日下部の感化により、悪い名人気質をすっかり洗い落としていた。長次は一心をこめて、護国鎮守の大日如来の製作に没頭する…。

おすすめ作品

キャンペーン・PR Campaign & PR

SNS

衛星劇場
LINE公式アカウント
8