舞台「この声をきみに~もう一つの物語~」

お気に入り登録

作品詳細

2017年放送のNHKドラマ10『この声をきみに』のスピンオフ舞台。とある朗読教室に、様々な人々が集まり、声で心を開放する。そんな人と人の交わり丁寧に描く、ちょっと変わった大人のラブストーリー。脚本はNHK朝の連続ドラマ『あさが来た』では第24回橋田賞を受賞し、2021年のNHK大河ドラマの脚本を担当することが発表された大森美香。主人公・孝史を歌舞伎俳優の尾上右近が演じる。

【あらすじ】
主人公・孝史は、とんでもない自己愛に満ちており、承認欲求の強い会社員。職場で「顧客受けが悪い」と朗読教室『灯火親(とうかしたしむ)』の話し方講座一日研修を受けるように上司に命ぜられた。やる気もなく、嫌々と参加する孝史だが、講師・今日子の朗読に心が動く――。「先生に、あの声で、言ってほしい言葉がある」とつぶやいた…。

(2020年3月12日 俳優座劇場にて無観客収録)

関連情報(コラム・特集・プレゼントなど)

おすすめ作品

キャンペーン・PR Campaign & PR

SNS

衛星劇場
LINE公式アカウント