三上博史 歌劇 ― 私さえも、私自身がつくり出した一片の物語の主人公にすぎない ―

お気に入り登録

お知らせ・NEWS

作品詳細

寺山修司没後40年/紀伊國屋ホール開場60周年記念公演
寺山修司が生んだ俳優・三上博史がいざなう、誰も見たことのない寺山修司の世界の涯……

かつて寺山修司監督の映画「草迷宮」で俳優デビューを果たした三上博史が、ゆかりの紀伊國屋ホールで、寺山の世界の心髄を描く。数々の名作を熱唱・熱演!空想の大女優・影山影子など、寺山が作り出した役を生きる!

詩人・劇作家・脚本家・作詞家・評論家・小説家・エッセイスト・映画監督・写真家・劇団主宰など、あらゆる肩書きとともに時代を超えて今なお愛され、様々な人に影響を与え続けている稀代のマルチクリエイター、寺山修司。寺山の没後40年という節目に、寺山によって“俳優”であり“表現者”という命を吹き込まれた三上博史が、2015年に上演された『タンゴ・冬の終わりに』以来、実に約8年ぶりに劇場へ舞い戻った。共に作品を創り上げるのは、寺山修司没後20年記念公演として上演された、三上主演の『魔術音楽劇 青ひげ公の城』以来、約20年ぶりのタッグとなる、寺山が主宰していた演劇実験室◉天井棧敷の後継劇団=演劇実験室◉万有引力。
演出にJ・A・シーザー、上演台本に髙田恵篤・寺山偏陸という生前の寺山と共に幾多の名作を生んできた盟友たちが、『三上博史 歌劇』と題して、寺山作品の膨大なテキストからその心髄を紐解き、他に類を見ないステージ作品へと昇華しています。

俳優業と併行して長年音楽活動も続け、『ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ』をはじめ、これまでの演劇活動においても芝居と音楽の見事な融合のもと表現を続けてきた三上の魅力あふれる肉声に加えて、有名アーティストのライブにも引っ張りだこの一流ミュージシャンたちが生演奏でお届けする素晴らしい楽曲や詩の数々。さらに、歌や詩の朗読のほか演劇シーンもふんだんに盛り込み、伝説的舞台『レミング-壁抜け男』の影山影子役をはじめ、三上が早替わりで演じ分ける寺山作品の多種多様な登場人物、演劇実験室◉万有引力とのアンサンブルで織りなすめくるめく場面にもご注目下さい。
劇場空間だからこそ可能となる、オペラやミュージカルとは一線を画す、“寺山×三上”が深くシンクロする歌劇をお届けいたします。

(2024年1月9日~14日 新宿・紀伊國屋ホール)

動画

放送スケジュール

撮影:引地信彦  写真提供:MMJ

関連情報(コラム・特集・プレゼントなど)

おすすめ作品

キャンペーン・PR Campaign & PR

SNS

衛星劇場
LINE公式アカウント