<シネマ歌舞伎>『二人藤娘/日本振袖始』

お気に入り登録

作品詳細

至上の「美」と迫力の「技」がシネマ歌舞伎に。

平成二十六年三月に歌舞伎座新開場杮葺落(こけらおとし)公演で上演され、満員の観客を魅了した二演目。普段はなかなか目にすることのできない貴重な姿を捉えた舞台裏映像も本編中に盛り込んでいます。

「二人藤娘」
坂東玉三郎と中村七之助が藤の精を艶やかに演じた演目。舞踊の人気演目である「藤娘」を二人で演じるという新たな演出で、舞台上いっぱいの藤の花や二度三度と変わる衣裳の数々、そして、何よりも華やかで美しい玉三郎と七之助から目が離せない。玉三郎の藤の精、七之助の藤の精で。
「日本振袖始」
古事記・日本書紀に記された出雲の八岐大蛇(やまたのおろち)伝説をベースに近松門左衛門が書き上げた演目。玉三郎は妖艶な姫の姿から恐ろしい大蛇へと変貌。生贄(いけにえ)としてささげられた稲田姫(米吉)を救うため、大蛇退治にやってきた素盞嗚尊(すさのおのみこと)(勘九郎)とダイナミックな大立ち廻りを繰り広げます。玉三郎の岩長姫実は八岐大蛇(やまたのおろち)、米吉の稲田姫、勘九郎の素盞嗚尊(すさのおのみこと)で。
(上演:2014年/平成26年3月・歌舞伎座/公開:2015年/平成27年1月)

動画

放送スケジュール

(C)岡本隆史

関連情報(コラム・特集・プレゼントなど)

おすすめ作品

キャンペーン・PR Campaign & PR

SNS

衛星劇場
LINE公式アカウント