市川染五郎傾奇芝居おどり「不二才」

お気に入り登録

作品詳細

「魑魅魍魎的」「麻布十番ん」に続く市川染五郎傾奇おどり第3弾。
“智”のカラス鈴木楓嵐(ふうらん)、“仁”のカラス鈴木紫薫(しくん)、“勇”のカラス鈴木麟斗(りんと)の三羽のカラスと、人間・太陽が登場。カラスの視線を通して真の“智・仁・勇”の心を発見し、その「三位一体」の果て、そして死をむかえるまでを、様々なエピソードを交えながらノンストップで歌って踊って体現。「不二才」とは鹿児島弁で「見てくれは悪いが心の温かい男」とのこと。人間からは嫌われ者のカラスを「不二才」に見立てて、芝居や舞踊の枠を超えた斬新な演出でストーリーが展開していく。
※当時のインタビュー映像と本編に加え、本編終了後に、現・松本幸四郎インタビューを合わせて放送。

(2006年/平成18年1月29日・京都南座)

おすすめ作品

キャンペーン・PR Campaign & PR

SNS

衛星劇場
LINE公式アカウント
8