駄々ッ子社長

作品詳細

作品名
タイトル

駄々ッ子社長

放送日時

6月7日(火) 午前4:45 - 午前6:15

6月17日(金) 午前8:15 - 午前9:45

6月26日(日) 午前4:30 - 午前6:00

本編尺

86分

製作国

製作年

1956年

監督
原作
脚色

船山馨の小説を、番匠義彰が監督。船山馨の小説を『白い橋』の柳井隆雄が脚色し、『かりそめの唇』の番匠義彰が監督。

父から受けついだ会社を経営の不手際から潰してしまった大助は、身分をかくして叔父の六兵衛のゴルフ友達で金春レーヨンの社長金剛春吉の会社に修業のため小使いとして勤めることになった。大助はその会社で事務員をしている香月阿矢子を知った。阿矢子は大助を愛するようになった。会社では今度アメリカから新しい機械を入れる入れないで社員が二派に別れていた。反対派は会社の研究所の技師桑戸であり、賛成派は総務部長の五反田達で、彼等は社長令嬢で秘書の冴子を味方に入れて、二世バイヤーのジョージ・藤沢と組んで盛んに機械購入を画策していた。

放送スケジュール

(C)1956松竹株式会社

おすすめ作品

キャンペーン・PR Campaign & PR

SNS

衛星劇場
LINE公式アカウント
8