古今亭寿輔「文七元結」

作品詳細

借金で年が越せない江戸っ子、長兵衛が我が身を犠牲にして人助けをする男気を描きます。
(令和元年12月7日横浜にぎわい座『名作落語の夕べ』より)

おすすめ作品

キャンペーン・PR Campaign & PR

SNS

衛星劇場
LINE公式アカウント
10