海を駆ける

作品詳細

作品名
タイトル

海を駆ける

放送日時
本編尺

107分

製作国

日本・フランス・インドネシア

製作年

2018年

監督・脚本

深田晃司監督 ×ディーン・フジオカ主演、カンヌを沸かせた深田監督が再び世界に放つ、渾身の衝撃作!
第69回カンヌ国際映画祭「ある視点」部門審査員賞を受賞した『淵に立つ』から2年。
深田晃司監督が7年の歳月を費やし、渾身のオリジナル脚本で挑んだ心揺さぶるファンタジー。

インドネシア、バンダ・アチェの海岸で謎の男が倒れている。日本からアチェに移住し、NPO法人で災害復興の仕事をしながら息子タカシと暮らす貴子。タカシの同級生のクリス、その幼馴染でジャーナリスト志望のイルマが、貴子の家で取材をしている最中、その正体不明の日本人らしき男が発見されたとの連絡が入る。まもなく日本からやって来る親戚のサチコの出迎えをタカシに任せ、貴子は男の身元確認に急ぐ。記憶喪失ではないかと診断された男は、結局しばらく貴子が預かることになり、海で発見されたことから、インドネシア語で「海」を意味するラウと名付けられる。ほかには確かな手掛かりもなく、貴子とイルマをはじめ、タカシやクリス、サチコも、ラウの身元捜しに奔走することになる。片言の日本語やインドネシア語は話せるようだが、いつもただ静かに微笑んでいるだけのラウ。その周りでは少しずつ不可思議な現象が起こり始めていた…。

おすすめ作品

キャンペーン・PR Campaign & PR

SNS

衛星劇場
LINE公式アカウント
11