衛星劇場 あなたのテレビライフを豊かにする。邦画・洋画・韓流・歌舞伎などバラエティに富んだ上質エンターテインメントチャンネル

邦画・洋画・韓流・歌舞伎などバラエティに富んだ上質エンターテインメントチャンネル

機能リンク

話題沸騰のタイBLドラマ作品!大学を舞台としたラブコメ!フレッシュな若手俳優が大勢出演。My Engineer〜華麗なる工学部〜は衛星劇場で3月8日(金)から一挙放送スタート!

2組のカップルを軸に織りなす、青春ラブストーリー。 - INTRODUCTION | My Engineer〜華麗なる工学部〜|衛星劇場

2020年春にタイで放送されたばかりの話題作が早くも日本公開。本編の放送終了後には「My Engineer Summer Trip」として、メインキャストが旅行に出かける密着番組が放送され、すでに続編「My Engineer2」の制作も決定している。2020年8月には、オンラインでも参加できるファンミーティングが開催されるなど、世界中で盛り上がりを見せている。

大学を舞台とした群像劇ということで、フレッシュな若手俳優が大勢出演していることも見どころの1つ。本作がデビューとなる者も多く、特にデュアン役で主演デビューを果たしたポーイは、演技の経験がない状態でオーディションに参加。純真なデュアン役の俳優選びに苦労していたサマジャーン監督は、ポーイを見て彼に賭けてみようと決断した。サマジャーン監督は、大人気BLドラマ「SOTUS/ソータス」の監督も務めているため、「SOTUS」に言及するセリフが登場したりと、ファンにうれしいサービスも。

INTRODUCTION | My Engineer〜華麗なる工学部〜|衛星劇場

EPISODE | My Engineer〜華麗なる工学部〜|衛星劇場

  • ep1・2 | My Engineer〜華麗なる工学部〜 |衛星劇場
  • ep3・4 | My Engineer〜華麗なる工学部〜 |衛星劇場
  • ep5・6 | My Engineer〜華麗なる工学部〜 |衛星劇場
  • ep7・8 | My Engineer〜華麗なる工学部〜 |衛星劇場
  • ep9・10 | My Engineer〜華麗なる工学部〜 |衛星劇場
  • ep11・12 | My Engineer〜華麗なる工学部〜 |衛星劇場
  • ep13・14 | My Engineer〜華麗なる工学部〜 |衛星劇場

ボーンとデュアンを取り巻く仲間たちの様々な恋愛模様と友情を描く物語。 | My Engineer〜華麗なる工学部〜|衛星劇場

工学部の人気者ボーンは、ベンチで昼寝をしている医学部1年生のデュアンに遭遇。巨大なトカゲが近づいていることに気づきデュアンを起こそうとするが、襲われそうになったと誤解したデュアンに殴られてしまう。腹を立てたボーンは、お仕置きとして1ヶ月間毎朝バラの花を買ってくるようデュアンに命じる。最初は反発していた2人が少しずつ惹かれあっていき・・・。

COUPLE | My Engineer〜華麗なる工学部〜|衛星劇場

ボーン×デュアンBohn×Duen by Cooper Poy 周囲に心配されるほどピュアでおっちょこちょいなデュアンに扮するのは本作がドラマデビューにして初主演となったポーイ。初めての恋に戸惑うデュアンを、みずみずしい演技と持ち前の天真爛漫な笑顔でとびきり愛らしく演じている。一方、プレイボーイのボーンを演じるのは子役からキャリアを積むクーパー。劇中ではデュアンにお仕置きを命じるツンデレキャラだが、現場では慣れないポーイを優しくリードしていたそう。相手の気持ちにも自分の気持ちにもなかなか気づかない鈍感なデュアンと、モテモテだけど遊び人で荒っぽい性格のボーン。最悪な出会いを果たした2人がぶつかり合いながらも不器用に恋を育んでいく過程は、見ているこちらが思わず笑顔に。 | My Engineer〜華麗なる工学部〜|衛星劇場

ラム×キング am×King by Perth Lay眉目秀麗で、まったく言葉を発さないミステリアスな新入生ラム。工学部No.1の秀才キングはそんな後輩ラムのことが気になって仕方ない。ことあるごとに目の前に現れるキングのことを煙たがっていたがラムだが、彼を知ることで少しずつ心を開き、人知れず抱える苦悩も共有するように…。お互いに癒やされながら、徐々に特別な感情が芽生えていく2人の変化を、ラム役のパースとキング役のレイが繊細に表現している。劇中では先輩役を演じているレイだが、実年齢はパースより年下。2人ともゲーム好きでプライベートも仲良しだ。オーストラリア出身のパースはオーストラリアとタイにルーツを持ち、英語、タイ語のほかに日本語も流暢。日本のマンガやポケモンが大好きで自身のSNSでは日本語での発信も。 | My Engineer〜華麗なる工学部〜|衛星劇場

メク×ボス ek×Boss By Ryan Inntouch とにかくモテたいボスは女の子を見ればアプローチをかけるお調子者。物静かで優しいメクはそんなボスに振り回されながらいつも彼の恋を手伝っている。周囲からは“夫婦”のようだと揶揄されるほど仲がいい2人だが、実はメクはボスに友達以上の感情を抱いていた。大切な親友を失うことを恐れ、一番近くで見守ることを選ぶメク…。切なすぎる片思いの成就を願わずにはいられないビタースイートなカップルだ。ボスを一途に想うメクを演じるのは中国出身のライアン。胸を締め付けられるような恋心を印象的なまなざしで表現している。一方、ボスに扮するインタッチの素顔は動物を愛し、社会貢献にも積極的な博愛主義者。そんな彼のサポートあってか、2人の空気感は言葉の障壁を感じさせず息ぴったりな“夫婦”っぷり! | My Engineer〜華麗なる工学部〜|衛星劇場

タラ×フロン hara×Frong By MD Shane ストーリーの序盤ではデュアンに好意を寄せるボーンの恋敵として登場するフロン。デュアンの前では面倒見がよく優しい先輩だが、タラに対しては出会い頭から反抗的な態度をとる。そんなフロンを大人の余裕で受け止め、常に一枚上手のタラ。最初はケンカ腰だったフロンも誠実で温かなタラの人柄に触れ、だんだんと印象が変わっていく。ペットのトカゲを溺愛していたり、予想もつかない型破りな行動で視聴者の笑いを誘ったりと、イケメンなのにちょっと変わり者なのがチャーミングなタラ。扮するMDもそんなタラと地続きのように感じられる“不思議ちゃん”な性格で、撮影現場を和ませていたんだとか。実際の芸歴も先輩ということで、シェーンはカメラの外でもMDを頼りにしていたそう。 | My Engineer〜華麗なる工学部〜|衛星劇場

CHECK POINT | My Engineer〜華麗なる工学部〜|衛星劇場

大嫌いだったはずの相手が頭から離れなかったり、好きすぎるあまり不安で嫉妬してしまったり、誰より大事な親友を好きになってしまったり…。歯止めが効かない恋の感情を4組のカップルを通して描く、ときめき満載のキャンパスロマンス。タイBLドラマの金字塔「SOTUS/ソータス」でおなじみ、リット・サマジャーン監督によるハートフルなぬくもりとユーモアあふれる演出で、物語は予想外の展開の連続!思わずツッコまずにはいられない絶妙なコミカルさがクセになる、王道なのに変化球な極上のラブコメディーに仕上がっている。

その1.舞台が工学部 「My Engineer〜華麗なる工学部〜」にはタイBLの素敵な“あるある”がつまってる! | My Engineer〜華麗なる工学部〜|衛星劇場

タイBLドラマは本作のようにキャンパスラブを扱う作品が多く、特に工学部は物語の舞台や登場人物の設定として頻出するキーワード。タイでは大学ごとに制服(正装)があるのが一般的だが、工学部の学生はほかの学部よりカジュアルな実習服を着ており、劇中でもひと目で学部がわかる。また、タイの大学では学部の親睦を深めるために行われる新入生歓迎活動があるが、本作のリット・サマジャーン監督が手掛けた「SOTUS/ソータス」はその活動をテーマに描いた名作。本作の劇中にもそのDNAが息づいており、ボーンが後輩に厳しく接してグラウンドを走らせたり、昼休みに下級生がボーンと友人のところにサインをもらいにきたりする演出もその一つ。

その2.イケメンの代名詞“ムーン” | My Engineer〜華麗なる工学部〜|衛星劇場

ムーン・コンテストは、日本でいうところのミスターコンテスト。ムーンは一般的に男子新入生の中から選ばれ、学部ごとのムーン、全学部のムーンの中からNo.1に選ばれた大学を代表するムーンが存在する。本作では工学部のボーンが学内No.1のムーン、経営学部のフロンがボーンに敗れた2番手のムーン、医学部のタラも過去にムーンだった先輩という設定。なお、ミスコンにあたるのがスター・コンテストで、ムーンと同様に女子の新入生からスターを選抜する。

その3.サブカップルも愛おしい | My Engineer〜華麗なる工学部〜|衛星劇場

主演カップルをとりまく友人や兄弟のロマンスも丁寧に描かれ、全キャラクターに愛着がわいてしまうのもタイBLドラマの魅力。特に本作はモンメー著のBL小説「My Engineer」「SPACE」の2作を実写化し、主役のボーン&デュアンだけでなく、ラム&キング、メク&ボス、タラ&フロンと、多数のカップルが登場する“1粒で4度おいしい”群像劇。出会いや関係性の変化も4種4様で、どのカップルからも目が離せない。不格好でもまっすぐに恋をするそれぞれの姿に、気づけば夢中になっているはず。

その4.シッパーやYガールの存在 | My Engineer〜華麗なる工学部〜|衛星劇場

シッパーは特定のカップルを愛するファン、Yガール(サオ・ワーイ)は日本語の“やおい”を語源にもつBL好きな女性のこと。タイBLドラマではしばしば劇中にシッパーやYガールが登場し、その設定は「写真を撮ってもいいですか?」と撮影を求めるファン的な存在だったり、主人公の恋を応援する同級生だったりとさまざま。本作ではキングの姉がBL好きなYガールで、弟キングとラムの関係を妄想する一幕も。想像力豊かな姉のおかげで本筋とは異なる極甘なラム&キングを享受(!?)できるほか、2人が近づくきっかけ作りにも貢献する。そのほか、ラム&キングの一挙一同にときめくシッパー的な高校生も登場。彼女たちが心の代弁者となり、物語と視聴者をつなぐ橋渡し的な役割を果たしてくれている。

その5.素敵なお友達に癒される | My Engineer〜華麗なる工学部〜|衛星劇場

「こんな学生時代を過ごしてみたかった」「あんな友達がいてうらやましい!」と思わずにはいられない、あたたかい友情もタイBLドラマの大きな魅力。特に本作はデュアンを支える友人たちにほっこり。LINEで集合をかけるとすぐに集まってくれたり、恋の手ほどきをしたり、猛アタックするボーンからデュアンを守るためにさまざまなミッションを課したり…。デュアンが笑顔でいられるのはかけがえのない友達の存在があってこそ、と思わずにはいられない。また、キングの姉、デュアンの妹、ボーンのいとこ、ラムの弟など、脇を固める家族の描写も秀逸。さりげない言動や的確なアドバイスでキャラクターの背中を押し、ナイスアシストを連発!恋の応援団に囲まれた優しい世界に癒される。

My Engineer〜華麗なる工学部〜|衛星劇場

工学部2年生で大学の人気者ボーンは、ベンチで昼寝をしている医学部1年生のデュアンに遭遇。巨大なトカゲが近づいていることに気づきデュアンを起こそうとするが、襲われそうになったと誤解したデュアンに殴られてしまう。腹を立てたボーンは、お仕置きとして1ヶ月間毎朝バラの花を買ってくるようデュアンに命じる。 | My Engineer〜華麗なる工学部〜|衛星劇場

早朝からバラの花を探し回って眠いというデュアンを、強引に自分の授業に連れていき昼寝をさせたボーンは、授業のあとも仲間の誘いを断ってデュアンが目覚めるのを待っていた。その夜、バーでボーンの彼女ナンの誕生日パーティが開かれた。偶然友人たちと店に来ていたデュアンは、ナンにナンパされるがきっぱりと拒絶。そのことを知ったボーンは、ナンを懲らしめようとデュアンを自分たちのテーブルに呼び寄せる。 | My Engineer〜華麗なる工学部〜|衛星劇場

デュアンとの仲をからかわれたボーンは、デュアンにもう花を届けなくていいと言おうとするがなかなか言い出せない。デュアンは妹と訪れたアイスクリーム店で、道案内をしてくれたフロンと再会。フロンがその様子をSNSにアップしたため、ボーンの嫉妬心に火がつく。ボスはナンの友人のギンから食事に誘われ、心配そうなメクをよそにいそいそと出かける。キングは外国人風の顔立ちをしたラムに興味を持って話しかけるが、ラムはまったく返事をせず、近寄ってきた犬におびえるキングを置いて立ち去る。 | My Engineer〜華麗なる工学部〜|衛星劇場

デュアンに告白して断られたボーンは、めげずにプレゼント攻勢をかけるが受け取ってもらうこともできない。デュアンの友人たちはプレイボーイのボーンにデュアンがもてあそばれていると心配する。一方、ティーに奉仕キャンプの仕事を押しつけられそうになり帰ろうとしたキングだが、ミーティングにラムが現われたので残ることに。その後、メクの部屋を訪れたティーは、クローゼットにボスの写真が飾られているのを見てしまう。 | My Engineer〜華麗なる工学部〜|衛星劇場

ボーンに花を届けていたために授業をサボりがちだったデュアンは、レポートの再提出を命じられる。デュアンが勉強に集中できるように、1週間会わないと宣言したボーンだが、デュアンのことが頭から離れない。メクは卒業制作映画の主演俳優としてスカウトされる。やる気がなかったメクだが、どうしても映画に出たいというボスのために、ボスの出演を条件に引き受けることに。ラムが勉強しているところに通りかかったキングは丁寧に問題の解き方を教える。帰ろうと立ち上がったキングの腕をラムが無言でつかんだ。 | My Engineer〜華麗なる工学部〜|衛星劇場

ボーンはデュアンのことをもっと知りたいとデートに誘うが、奉仕キャンプの準備が終わったらという条件を課され、後輩たちをこき使って作業に励む。メクとボスは映画の打ち上げに参加するが、チヤホヤされるのは主役のメクだけ。その上、小学校の同級生だったフォンにも忘れられているようでボスは寂しい思いをする。兄に代わってフロンが店番をしているところへタラが花を買いにきたが、閉店準備をしていたフロンは、タラを邪険に追い返す。大学からの帰り道、雨宿りしているキングにそっと傘が差しかけられた。振り返るとそこにいたのはラムだった。 | My Engineer〜華麗なる工学部〜|衛星劇場

ダオニュアを連れて水上マーケットでのデートを楽しんでいたデュアンとボーンだが、すねたボーンにデュアンが気を取られている間にダオニュアが川に落ちて溺れてしまう。ボスは、フォンと付き合っていることをメクに報告。内緒にしていたのは、フォンが恋愛禁止のアイドル・コンテストに出場しているからだった。キングのプロフィール写真に兄の腕が写っているのを見たラムの弟ルッドは、キングの様子を探るためにこっそり大学を訪れる。頭痛でクリニックを訪れたフロンは、険悪な出会いをしたタラの診察を受けることになり再び突っかかる。 | My Engineer〜華麗なる工学部〜|衛星劇場

BL好きのキングの姉カンファは、キングの家でラムに会って舞い上がり、2人が抱き合っていたという妄想をティーに熱く語る。恋人同士になったボーンとデュアンは、改めてデートの約束をするが、デュアンは寝坊をして記念すべき初デートに遅刻してしまう。また、デュアンがボーンとの交際を報告すると、友人たちは大反対。ボーンがデュアンの恋人にふさわしいかどうか、1年生4人組がテストすることに。一方、フォンからデートに誘われたボスだが、デートをしたことがないと言ってメクに助けを求める。 | My Engineer〜華麗なる工学部〜|衛星劇場

ボーンとデュアンのカップルをモデルにした創作小説が人気となる。それを読んだボーンの友人たちはボーンがカップルの「妻」だと言い、デュアンの友人たちはデュアンが「妻」だと言ったため、本人たちが気にしてしまい、2人の仲がギクシャクする。ボスはフォンのそばにいるために男性アイドルのオーディションを受けようと、メクにギターを教えてほしいと懇願する。ラムが試験前に母親からもらったお守りの鉛筆をなくして捜していると、キングが自分の鉛筆を差し出した。卒業した先輩の飲み会に参加したフロンは、思いがけずタラに再会する。 | My Engineer〜華麗なる工学部〜|衛星劇場

泥酔して前の晩の記憶がないボーンは、自分のお尻が痛むわけを問いただそうとデュアンを追いかけるが、デュアンはボーンを避けて逃げ回っている。ラムは鉛筆のお礼にキングと食事をするが、その帰りに、父親がラムの幼なじみとホテルに入るところを目撃してしまう。フロンの母親の腹部に腫瘍が見つかり検査することに。タラは早期発見だから心配ないと慰めるが、不安で仕方がないフロンは反発する。 | My Engineer〜華麗なる工学部〜|衛星劇場

ボスはオーディションの前に神頼み。恋愛成就の神様は踊りが好きと言われているため、イヤがるメクを相手に強引に社交ダンスを踊る。フロンは入院中の母親を見舞うが、タラが親身になって母親の世話をしてくれていることを知る。デュアンがバラではなくカリフラワーを贈ったため、ボーンは料理を口実にデュアンを家に泊めようとする。父親の不倫が許せないラムは犬3頭を連れて家出。行く当てもなくさまよっていたラムをキングが自宅に連れ帰る。 | My Engineer〜華麗なる工学部〜|衛星劇場

デュアンはボーン、タラ、フロンを誘ってアイスを食べに行くが、デュアンをからかうことを禁じられたボーンは、終始機嫌が悪い。解散後、タラは愛車でフロンを病院まで送る。キングの甥たちを連れて公園にやってきたキングとラムは、おんぶ競争をすることに。甥たちは母親のカンファに言われて、キングとラムの写真を撮るチャンスを狙っていた。ボスとメクは、意外な形で恋愛成就の願いをかなえてくれた神様のもとへお礼参りに向かう。 | My Engineer〜華麗なる工学部〜|衛星劇場

工学部の奉仕キャンプが始まった。デュアンがフロンとおそろいのTシャツを着ていたことで、ボーンは早速機嫌を損ねる。そんなボーンをマーイが森の中まで追いかけてきた。フロンが父親からもらったネックレスを落として捜していると、タラが一緒に捜してくれることに。頭のケガを押してキャンプに参加したキングは、ラムの心配をよそにはしゃいでいたが、川で転んで岩に頭をぶつけてしまう。その夜、ボスのもとにはフォンからのメッセージが届く。 | My Engineer〜華麗なる工学部〜|衛星劇場

キャンプ2日目。フォンがヨリを戻したいとボスに会いに来た。メクは2人を残してそっとその場を立ち去る。朝から姿が見えなかったタラが、フロンのネックレスを見つける。ずっと捜し続けていたのだ。キングが「友達と過ごせ」とラムを突き放し、距離を置いていた2人だが、お互いが気になって仕方ない。夕方になり、デュアンがキャンプ場から姿を消した。ボーンはみんなが止めるのも聞かず、デュアンを捜しに暗くなった森の中へ。 | My Engineer〜華麗なる工学部〜|衛星劇場

CAST | My Engineer〜華麗なる工学部〜|衛星劇場

Bohn×Duen by Cooper Poy/ボーン 工学部2年生。学内の人気コンテストで優勝し、女子学生のファンが多いプレイボーイ。態度が大きく、男子の後輩には厳しい。/クーパー・パトラパシット・ナ・ソンクラー Cooper Patpasit Na Songkhla 1996年生まれ。代表作は主演ドラマ「MyBromance」2016年。2018年にはアイドルのオーディション番組「The Next Boy/Girl Band Thailand」にも出場。/デュアン 医学部1年生。天真爛漫な愛されキャラ。男女を問わず頻繁に言い寄られるが本人は気づいていない。妹の面倒をよく見る優しい兄。料理が得意。/ポーイ・クリサナポン・スントーンチャチャウェー Poy Kritsanapong Soonthornchatchawet 1999年生まれ。ピュアなキャラクターを監督に見込まれ、演技は未経験ながら本作で主演デビュー。 | My Engineer〜華麗なる工学部〜|衛星劇場

Ram×King by Perth Lay/ラム 工学部1年生。デュアンの親友。家族や親しい友達としか口をきかない。そのため普段はおとなしいが、友達を守るためには立ち上がる熱い男。/パース・ナクン・スクレイ Perth Nakhun Screaigh 1994年生まれ。オーストラリア出身。英、タイ、日本語に堪能。YouTubeで3言語を駆使した動画を投稿している。本作でデビュー。/キング 工学部2年生。成績優秀。植物を育てるのが好きで、緑であふれた自宅では植物に話しかけている。犬恐怖症。/レイ・タレイ・スグンディクン Lay Talay Sanguandikun 1995年生まれ。本作と同時期に放送されたドラマ「YYY」2020年でも主演を務め、挿入曲も歌っている。 | My Engineer〜華麗なる工学部〜|衛星劇場

Mek×Boss By Ryan Inntouch/メク 工学部2年生。学内では冗談でボスとカップル扱いされ「無口な夫」と呼ばれている。いつもボスの無茶ぶりに優しく応えて、勉強から恋愛相談まで面倒を見ている。/ライアン・ポン Ryan Peng 1999年生まれ。中国出身。本作でデビュー。/ボス 工学部2年生。学内では冗談でメクとカップル扱いされ「うるさい妻」と呼ばれている。普段は女子を追いかけ回しているが、困ったことがあると「夫」のメクに頼る。/インタッチ・ナパット・チャルンポンパクディー Inntouch Naphat Chalermphonphakdee 1995年生まれ。その他の出演作はドラマ「Your Star」2020年。 | My Engineer〜華麗なる工学部〜|衛星劇場

Thara×Frong By MD Shane/タラ 医学部5年生。学内のクリニックで実習中。デュアンのいとこ。マイペースな性格でペットのトカゲ「カップケーキ」を溺愛している。/MD・ナタポン・ピブンタナキエット MD Nutthapong Phibunthanakiet 1995年生まれ。その他の出演作は映画「Love Julinsee」2011年、ドラマ「Love Songs Love Series To Be Continued Close Friend」2017年。/フロン 経営学部2年生。学内人気コンテストで準優勝。ライバルのボーンとは対照的に品行方正なイメージ。母親を大切にしている。/シェーン・ナチャポン・ チェワパンヤロイ Shane Nutchapol Cheevapanyaroj 1997年生まれ。本作でデビュー。ティンティン 医学部1年生。デュアンの友達グループの紅一点。男子ばかりがカップルになっていくと嘆きつつも、純真なデュアンの恋愛を心配している。  /ナム・カンクンナットNam Kankulnut 1994年生まれ。歌手・女優として幅広く活動。2014年の歌手オーディション番組「True Academy Fantasia」出身。 | My Engineer〜華麗なる工学部〜|衛星劇場

My Engineer〜華麗なる工学部〜 NEWS | 衛星劇場

・2021/3/1 <終了しました>「タイドラマガイド「D」特別編集  タイドラマ聖地巡礼ガイドvol.1」を放送をご覧の方の中から、抽選で3名様にプレゼント!(締切:2021/3/16)

・2021/2/12 タイドラマ特設OPENしました!

・2021/2/12 情報番組〜タイドラマロケ地巡り〜」 の放送内容決定!

・2021/01/20 「タイBLドラマまとめ」特設ページがOPEN!こちらも要チェック!

・2021/01/20 3月5日(金)よりアンコール一挙放送スタート!

・2021/01/05 エピソード13-14話のあらすじ公開!

・2020/12/29 エピソード11-12話のあらすじ公開!

・2020/12/22 エピソード9-10話のあらすじ公開!

・2020/12/15 エピソード7-8話のあらすじ公開!

・2020/12/08 エピソード5-6話のあらすじ公開!

・2020/12/01 エピソード3-4話のあらすじ公開!

・2020/11/24 エピソード1-2話のあらすじ公開!

・2020/11/19 <ハッシュタグキャンペーン【衛星劇場】>衛星劇場オリジナルB2ポスターを抽選で15名様にプレゼント!!※終了しました

・2020/11/17 「My Engineer〜華麗なる工学部〜」出演の皆さんからのコメント動画が到着!

・2020/11/16 <ハッシュタグキャンペーン【BSスカパー!】>衛星劇場オリジナルB2ポスターを抽選で5名様にプレゼント!!※終了しました

・2020/11/16 <プレゼント>衛星劇場オリジナルマスクケースをご視聴の方の中から抽選で100名様に!!※終了しました

・2020/11/12 予告動画にLongバージョンを追加!

・2020/11/12 @Poyさん、Cooperさんからのコメントを公開!

・2020/11/12 APerthさん からのコメントを公開!

・2020/11/12 BMDさん、Perthさんからのコメントを公開!

・2020/11/11 「My Engineer〜華麗なる工学部〜」特設ページ公開!

My Engineer〜華麗なる工学部〜 NEWS | 衛星劇場

My Engineer〜華麗なる工学部〜 詳しい放送日時はこちら! | 衛星劇場

タイBL<ボーイズラブ>ドラマ タイドラマまとめ
視聴方法