衛星劇場 あなたのテレビライフを豊かにする。邦画・洋画・韓流・歌舞伎などバラエティに富んだ上質エンターテインメントチャンネル

邦画・洋画・韓流・歌舞伎などバラエティに富んだ上質エンターテインメントチャンネル

機能リンク

フォーエバー・ヒデキ〜西城秀樹出演作より〜「恋に恋して恋きぶん」衛星劇場で9月22日からはアンコール一挙放送スタート!ピンク・レディーのMIE、布施明、そして西城秀樹らが出演し、1987年にTBS系列で放送されたドラマ。恋する男と女の本音・恋にまつわる涙と笑いをテーマにした、明るく楽しいラブコメディ。

恋に恋して恋きぶん NEWS | 衛星劇場

・[NEW]2019/10/17 【連続プレゼント企画 第2弾】西城秀樹さんのCD「GOLDEN☆BEST 西城秀樹 シングルコレクション」を抽選で1名様にプレゼント!<応募締め切り:2019年11月6日(水)>詳しくはこちら

・2019/09/18 あらすじ第11話を更新!

・2019/09/11 あらすじ第10話を更新!

・2019/09/04 あらすじ第9話を更新!

・2019/08/28 あらすじ第8話を更新!

・2019/08/21 あらすじ第7話を更新!

・2019/08/14 あらすじ第6話を更新!

・2019/8/9 9月22日(日)よりアンコール一挙放送決定! >>詳しくはこちら

・2019/08/07 あらすじ第5話を更新!

・2019/07/31 あらすじ第4話を更新!

・2019/07/25 西城秀樹出演ドラマ『ホームスイートホーム』 9月から放送決定!!

・2019/07/24 あらすじ第3話を更新!

・2019/07/17 あらすじ第2話を更新!

・2019/07/10 あらすじ第1話を更新!

・2019/07/04 特設ページ公開!

恋に恋して恋きぶん NEWS | 衛星劇場

視聴方法はこちらから | 衛星劇場

INTRO | 恋に恋して恋きぶん |衛星劇場

STORY | 恋に恋して恋きぶん |衛星劇場

予告動画 | 恋に恋して恋きぶん |衛星劇場

CAST | 恋に恋して恋きぶん |衛星劇場

恋に恋して恋きぶん INTRODUCTION|衛星劇場

ピンク・レディーのMIE、布施明、そして西城秀樹らが出演し、1987年にTBS系列で放送されたドラマ。デザイナー、雑誌のライターなど、一見翔んでるふうの27歳の女性3人組と、カッコいい男の子に夢中の女子高生3人組とが中心となって物語が展開。男と女の愛、SEX、結婚―。2つの世代の女たちの本音が飛び交う、楽しくて可笑しい、でもちょっぴり涙をもあるラブリーなドラマ。

恋に恋して恋きぶん STORY|衛星劇場

恋に恋して恋きぶん STORY 第十一話|衛星劇場

恋に恋して恋きぶん STORY 第十一話|衛星劇場

酔って潤一の部屋を訪ねた万里は、危険日であることも忘れて積極的に潤一を求めた。泉は、直人から結婚の誓約書を取ることに成功した。結婚して、子供を作る―夢見るように幸福な泉だった。 一方、小枝子は不倫に破れ、会社も辞めて故郷の北海道へ帰る準備を始めた。
高三トリオもそれぞれ将来のビジョンをかためた。みづき(森恵)は幼稚園の先生を目指して短大へ、靖子は女子大の仏文科を目指し、朋江は姉と同じデザイナーになるために専門学校へ、と受験の目標を決めた。朋江と正樹との幼い恋も順調に育っていった。
そんな中で、万里と潤一の間だけは相変わらず不確かだった。パリに行く前に結婚しようと言う潤一に、万里はいろいろと無理難題を持ち掛け、ついに潤一の怒りをかってしまった。 小枝子の送別会を女三人でしている夜、万里のアパートに潤一がやって来た。パリ行きが明日になったので、知らせに来たのだ。だが、万里との連絡は取れなかった……。

過去のあらすじはこちらから|ホームドラマチャンネル

恋に恋して恋きぶん STORY 第一話|衛星劇場

恋に恋して恋きぶん STORY 第一話|衛星劇場

恋に恋して恋きぶん STORY 第一話|衛星劇場

花の金曜の夜、ラブホテルの一室。女はデザイナー・高桑万里(MIE)、男は服飾メーカー営業マン・倉沢潤一(布施明)。
一方、とあるアパートのワンルーム、女は雑誌記者・萩原泉(西川峰子)、男はオートサロン社長・矢島直人(西城秀樹)、どちらのカップルも長い春にややマンネリ気味である。
矢島はパートナーの万里のために、オリジナル商品にネーミングしようと泉に相談した。泉は“マリノグッズ”を提案した。
矢島は喜んでそれに飛びついたが、泉はなぜか淋しかった。矢島が万里の気を引くための作戦だと知っていたからだ。
ある夜、万里、泉、平野小枝子(朝加真由美)の三人がカウンターで飲んでいた。小枝子は不倫がバレ、泉と万里は永すぎる春に危険を感じだしていた。それでも万里は潤一さえしっかり自分をつかまえてくれればと思った。
だがその潤一は、ある夜、同僚の小枝子にこのままどこかへ連れて行ってと迫られた……。

恋に恋して恋きぶん STORY 第二話|衛星劇場

恋に恋して恋きぶん STORY 第二話|衛星劇場

恋に恋して恋きぶん STORY 第二話|衛星劇場

潤一と小枝子は、とうとうホテルに入った。だが小枝子は酔って吐いた。その時、電話が鳴り、受話器を取った潤一はうろたえ慌てた。なんと電話の相手は万里で、今からホテルに来るという。機転をきかせてもう一部屋取り、どうにか小枝子と万里の鉢合わせは避けられ、潤一と万里は無事ドッキング。ところが、翌朝タクシーに乗る小枝子の後姿を万里に見られてしまった。万里は不吉な予感を感じた。
数日後、居酒屋で飲んでいる万里と潤一。万里は潤一のウソを見破り、酔いに任せてなじった。「金魚が一番好きなんて気持ち悪い!」
次の夜、万里は今日も一人で自転車の練習をしていた。バイクのデザイナーが、せめてゼロハンぐらい乗れなければとの思いからだ。その時、前方に黒い人影が現れた。驚く万里に笑いかける男は、なんと直人だった。直人のコーチでしぶしぶ練習を再開したが、万里はなぜか心弾む気持ちを抑えられなかった。
そして、直人は自然に万里を抱きしめた……。

恋に恋して恋きぶん STORY 第三話|衛星劇場

恋に恋して恋きぶん STORY 第三話|衛星劇場

恋に恋して恋きぶん STORY 第三話|衛星劇場

万里の仕事は順調に進んでいった。あとは、マリノファッションの売り出しの方法を決めるだけだった。 そして、恋の行方も決めなければ。万里は潤一のマンションで料理を作った。二人で向かい合うテーブルで、万里は潤一と小枝子の関係をなじったが、逆に万里と直人との間を疑われ、怒った彼女は大切な金魚の水槽にワインを注いだ。思わず万里を蹴飛ばす潤一。自分よりも金魚を大事にする男に、万里は涙をこらえて部屋を飛び出した。
泉は、直人と万里にマリノファッションとサミコとの契約をすすめた。サミコは、服飾メーカーとして一流だから、宣伝も販売組織も全国規模になれるから、と直人は乗り気になったが、万里はしぶった。サミコには潤一がいた。それに喧嘩して飛び出した会社であった。嫌な思い出しかなかった。泉は万里の気持ちなど構わずこの話をすすめた。ある夜、泉の紹介で直人と潤一が顔を合わせた。お互いに気まずい二人。
そこへ何も知らない万里がやってきた。

恋に恋して恋きぶん STORY 第四話|衛星劇場

恋に恋して恋きぶん STORY 第四話|衛星劇場

恋に恋して恋きぶん STORY 第四話|衛星劇場

直人は、泉のすすめるサミコとの提携案を振って、サミコのライバル社バルドウィンとの提携を強引に進めた。そのため、泉との仲はおかしくなった。一方、万里と潤一は、いよいよ結婚へむけて着実に近づきつつあるように見えた。潤一がようやく結婚に踏み切る覚悟を固めたからだ。しかし、職場での直人の万里に対するアタックは執拗で、開けっぴろげだった。万里はあまりの大胆さに戸惑いながら、その男らしさに魅かれる自分を感じていた。
ある日、直人達一行はホテルのプールで遊んだ。直人は、ここでも人目をかまわず、万里は曖昧に笑ってごまかした。
潤一と小枝子の関係もぐずついていた。潤一の人の良さがいけないのだ。小枝子の求めに応じて二人で飲む酒。バーテンが注いでくれた酒はロシア語で“勇気”という名前だった。今夜もまたラブホテルで寄り添う二人。その頃、万里のアパートの入口には直人がいた。二人は今まさにキスをしようとしていた……。

恋に恋して恋きぶん STORY 第五話|衛星劇場

恋に恋して恋きぶん STORY 第五話|衛星劇場

恋に恋して恋きぶん STORY 第五話|衛星劇場

万里の身辺はいよいよ騒がしくなってきた。直人はアパートまで来るし、“マリノグッズ”の発売も間近に迫った。親友・泉の書いた記事がバイク専門誌に乗り、問い合わせの電話に事務所はてんてこ舞いだった。 そんな時に、潤一のフランス行きが決まった。潤一のマンションでかいがいしく渡欧の世話をやく万里。何もかも忘れてこのまま潤一のそばにいられたら……でも明日の出発の日、万里は来年の春夏ファッションの企画会議がつまっていた。
翌日、成田空港出発ロビー。潤一は、突然呼び出し電話で小枝子につかまった。物影で涙をためて潤一に抱きつく小枝子。その二人の瞳に万里の姿が……。
早く仕事を切り上げて、万里は成田までやって来たのだ。やっと潤一を見つけた万里は、嬉しさに走り寄った。やっぱり私の男は、この人しかいない。人目を気にしながらキスをし、出発して行く潤一を見送る万里。これからの一週間、潤一ぬきの万里の生活が待っている……。

恋に恋して恋きぶん STORY 第六話|衛星劇場

恋に恋して恋きぶん STORY 第六話|衛星劇場

恋に恋して恋きぶん STORY 第六話|衛星劇場

潤一が予定より一日早くフランスから帰国した。そもそもこれが間違いだった。成田からタクシーで万里のアパートへ直行してみれば、万里の部屋から直人が出てきて、親しげに投げキッスまでして去っていく。何てことだ。潤一は、お土産のファッション雑誌を新聞受けに入れて黙って去った。そして自分のマンションに戻ってみれば、妹の靖子(秋山絵美)がボーイフレンドの修をベッドに引っ張り込んでいた。あまりのことに、潤一は平手で靖子の頬を叩いて、部屋を飛び出した。
居酒屋に入っていくと、泉が一人で飲んでいた。泉は潤一に、小枝子との仲も知っていると告げた。そして、早くはっきりさせるのが万里のためにも小枝子のためにも、ひいては泉自身のためにもなることだと忠告した。
次の夜、潤一の帰りを万里がマンションで待っていた。お互いの心が通わず苛立つ二人は、激しくなじり合った。と、突然、潤一が「結婚しよう」と万里に迫った……。

恋に恋して恋きぶん STORY 第七話|衛星劇場

恋に恋して恋きぶん STORY 第七話|衛星劇場

恋に恋して恋きぶん STORY 第七話|衛星劇場

TPOをわきまえない潤一の突然のプロポーズに、万里は外へ飛び出した。追いかけた潤一は、タクシーが拾えずに雨に濡れた。翌朝、マリノグッズ新作発売の日。オートサロン・ヤジマのブティックは大賑わいであった。忙しく立ち働く万里に、心配でやってきた泉は心からおめでとうを言うのであった。その泉のアパートには、不倫に疲れた小枝子が転がり込んでいた。女二人の奇妙な共同生活。話題は、男のことしかなかった。
一方、潤一はペジャールとの契約不成立のため、責任を取らされて、企画室から元の営業部へ左遷させられた。そして、雨に濡れたのが祟って、風邪で寝込んでしまった。一日の仕事が終わり、万里と直人は初日の大盛況のお祝いに街に出ようとしていた。その時、電話が鳴り、潤一の妹の靖子が、兄が高熱を出したと万里に告げた。万里はてきぱきと指示し、直人に断わって、潤一のマンションに急行した。翌朝、どうにか熱の下がった潤一の胸に、万里は顔をうずめた。

恋に恋して恋きぶん STORY 第八話|衛星劇場

恋に恋して恋きぶん STORY 第八話|衛星劇場

恋に恋して恋きぶん STORY 第八話|衛星劇場

万里と潤一の仲は元のサヤに戻ったようだ。小枝子も光彦(長塚京三)と同棲を始めた。直人も泉のアパートに戻った。それぞれの朝、どの顔も平和で幸福そうだ。オートサロン・ヤジマの修理工場で働く柴川正樹(野々村真)は、新進のオートバイレーサーとして注目を集めつつあった。追っかけるファンの女の子まで現れた。仕事の後、一人黙々とトレーニングする正樹をじっと見つめる直人。レースから足を洗ったつもりの直人も正樹のひたむきな若さを見ているうちに、いつしか彼の才能にかけてみる気になっていた。
一方、潤一はしばらく会社を休むつもりだ。会社に残るか、外に飛び出すか、どちらにしてもじっくり考えて結論を出そう。見舞いに来た会社の倉沢シンパの面々の前で、素直に自分の気持ちを伝えた。万里の仕事は順調だった。仕事を終えると潤一のマンションへ直行した。潤一は、これからどうするのか、万里は何でも相談して欲しかった。二人で生きて行くなら何でも二人で頑張りたい、そう思う万里であった…。

恋に恋して恋きぶん STORY 第九話|衛星劇場

恋に恋して恋きぶん STORY 第九話|衛星劇場

恋に恋して恋きぶん STORY 第九話|衛星劇場

直人が潤一のマンションを訪れた。万里にブティックを任せるので、相談相手になって欲しいという依頼のためだった。直人は、新進レーサーの正樹に賭けて、またレースの世界に本格的にのりだす決心をしたのだ。潤一は、直人の言葉に感動し、心から協力を約束した。その正樹は、オートサロンのカフェテラスでアルバイトをしている万里の妹・朋江(藤井一子)を好いていた。が、朋江はプレイボーイの高志(保坂尚輝)に身も心も奪われていた。
万里は、自分抜きにブティックの経営について、直人と潤一が話し合ったことに腹を立てた。そして、直人とも、潤一ともぶつかった。そんな時、泉のアパートで久しぶりに女三人が出会った。泉と万里と小枝子の三人である。小枝子は万里に「女は黙って男のそばに居るのが一番」だと忠告した。
数日後、カフェテラスで正樹と高志が喧嘩をした。プレイボーイの高志が、朋江以外の女の子に手を出しているのがバレたためだ。高志を追い払った正樹は足首を押さえて倒れた。ひょっとして骨折か?レースまで、あと一週間……。

恋に恋して恋きぶん STORY 第十話|衛星劇場

恋に恋して恋きぶん STORY 第十話|衛星劇場

恋に恋して恋きぶん STORY 第十話|衛星劇場

正樹の捻挫はかなりひどかった。万里は責任を感じて、アパートに正樹を泊めた。氷に足を入れて冷やす正樹を、朋江はぎこちなく、しかし真心こめて看病した。そこへ潤一がやって来た。ベジャール・ジャパンの代表になるよう頼まれたが、条件は一年間のパリ研修。万里は苛立った。もちろんついて行きたいが自分には始めたばかりの仕事がある。二人はまた揉めた。
小枝子の同棲も、突然ピリオドを打つことになった。光彦の幼い娘二人が父を迎えにアパートまでやって来たのだ。
泉は筑波サーキットにいた。直人らと一緒に正樹のピットクルーとして働いていた。正樹は、かろうじて予選を通過した。不安な一同。だが、決勝で奇跡が起きた。応援に来た朋江のペンダントをお守りにして、とうとう正樹は初優勝したのだ。
数日後、小枝子のアパートで万里、泉の三人が揃って酒を飲んでいた。「トリオ・ザ・不幸」だと小枝子が泣いた。「潤一に土下座させてやる」と万里も喚いた。泉がやっとアパートに戻ると、直人が待っていた。直人は真剣に「子供を作ろう」と泉に迫った。

高桑万里(MIE)、倉沢潤一(布施明)、萩原泉(西川峰子)、平野小枝子(朝加真由美)、高桑朋江(藤井一子)、倉沢靖子(秋山絵美)、安田みづき(森恵)、杉本高志(保坂尚輝) 、柴川正樹(野々村真)、矢島直人(西城秀樹) - 恋に恋して恋きぶん CAST|衛星劇場

恋に恋して恋きぶん 番組情報 | 衛星劇場

視聴方法はこちらから | 衛星劇場

衛星劇場 CATVキャンペーン実施中!!