衛星劇場 あなたのテレビライフを豊かにする。邦画・洋画・韓流・歌舞伎などバラエティに富んだ上質エンターテインメントチャンネル

邦画・洋画・韓流・歌舞伎などバラエティに富んだ上質エンターテインメントチャンネル

機能リンク

Special Interview わーすた

わーすた

6周年ライブの感想は?


坂元葉月「去年、有観客で生バンドで行う予定だった5周年ライブが無観客の配信ライブになってしまってから、ずっと『生バンドの音をお客さんに体感して欲しい』という思いがあったので、有観客で開催できたことが一番うれしかったです。ファンの方の拍手を聴けたり、みんなの顔を見ながら歌うことができてうれしかったです」


廣川奈々聖「今もすぐにライブの情景を鮮明に思い出すことができて、それほど自分たちにとっても満足のいく濃いライブだったんだなと改めて感じています。今までで一番大きい所でやらせてもらって、生バンドやLEDを使った演出など、ファンの方にも『ちょっと違ったステージに立ったんじゃないか』という感覚になってもらえたんじゃないかなと思っています。5周年は『できる範囲で楽しもう』という思いで楽しんだのですがやはり悔しい気持ちがあったので、今回はお客さんがいることで生まれるエネルギーを感じながら会場の一体感を満喫して楽しむことができました」


松田美里「結成当時からわーすたを好きでいてくれる人もいれば、最近知ってくれた方もいたりと、いろんな方が集まって同じ空間を楽しむというライブが好きで、ずっと大事にしてきたものだったので、『(5周年の無観客ライブを経て)帰ってこられてよかったな』という感覚がありました。私も好きなアーティストさんのライブに行く時に感じている『いつも動画で観ていた方が目の前にいる!』という感覚はすごく大事だなと思っていて、そういう感覚をみんなに味わってもらえたと思うと涙が出そうになるくらいうれしかったですね」


小玉梨々華「今までで一番長く余韻を感じていて、それくらい楽しいライブだったんだなって思っています。やりたいもの、見せたいものを話し合って何ヶ月も前から作り上げたライブだったので、私たちの6年間の思いを伝えられたんじゃないかなって思っています。何より5人で元気に6周年を迎えられたことがうれしかったです」


三品瑠香「お客さんを目の前にライブができたことがうれしかったし、みんなそれぞれ自由に動けないストレスみたいなものが日々の中にあったと思うんですけど、それを忘れられるくらい楽しいライブにしたいという思いの下、私たちの見せたいものをギュッと詰め込んだすごく濃いライブになったと思っています。自分たち自身がすごく楽しくできて『やっぱりライブが好きだな』って思えたし、『わーすただからこうして感じられるものがたくさんあるんだな』と感じて、改めて『わーすたが好きだな』と思えたライブでした」


見どころや注目してほしいポイントは?


坂元葉月「リハーサルの時から、みんなで振りの細かい部分までこだわって揃えたり直したりしてすごく練習してきたので、振りの細部まで観てほしいです! 会場だと指先などの振りの細かいところまではなかなか見ることができないと思うんですけど、テレビだとばっちり映っていると思うので」


廣川奈々聖「わーすたの良さは“楽曲の良さと幅広さ”だと思っていて、今回のセットリストも本当にいろんなジャンルの楽曲が差し込まれています。だから、初めて観る方は『ちょっと観てみようかな』って感じで最初の何曲かだけ観て『あー、なんかあんまり刺さらなかったわ』ってなっても、消さずにもうちょっとだけ待って観てもらえたら!!! 本当にいろいろな楽曲があるので、ぜひ聴いてみてほしいです」


松田美里「私は、いろんなジャンルの楽曲をメンバーがちゃんと表現できていることが自慢なんです。大人っぽい曲から軽快な盛り上げ曲まで、本当に場の空気を変えるほどしっかり表現していると思っているので、曲の世界観に入って表現しているメンバーの表情をしっかり観ていただいて、一人でもお気に入りの子が見つかったら、その子のSNSとか見て、ゆっくり掘っていってファンにいただけたら(笑)」


小玉梨々華「LEDを使った演出とリンクしているメンバーのパフォーマンスを見て欲しいです。 今回は特に演出にこだわっていて、曲に合わせてだったり周年らしい映像を流したりと、ほとんどLED を使わせていただいていて、メンバーもいつもと違った見え方をしているので、ぜひ注目していただきたいです!」


三品瑠香「(観客が)声が出せないぶん、盛り上がれる曲ばかりではなく聴かせる“魅せる曲”っていうのも、ちょっと強気に多めに入れさせてもらったんです。それらの大人っぽい曲たちを披露している時の映像を観るとひと味違った見え方をしていたので、映像ならではのカッコよさを楽しんでいただけたら!」


5月29日(土)には衛星劇場オリジナルのオーディオコメンタリーver.が放送されます。どんなコメンタリー収録になりそうですか?


三品瑠香「メンバー全員で集まってライブ映像を観るのは、以前みんなでクリスマス会をした時にファーストワンマンの映像を観た時以来だよね」


廣川奈々聖「1年前に、5周年ライブの模様を観ながら、それぞれ自分の家から副音声で生配信するというのはあったんですけど、みんなで集まって観るというのは3、4年ぶりだね」


小玉梨々華「1年前は飲食が自由で、食べ物の話しかしていない…(笑)」


廣川奈々聖「他のメンバーがそれぞれ何しているのかよく分かってないし、ライブの話はほぼしてない…(苦笑)。しっとり話したりするのは私たちの魅力が出ないから、(コメンタリー収録は)みんなで一緒にわいわいパーティーしながら観ているような感じになると思います」


三品瑠香「盛りあがっちゃって、バラードをバラードのテンションで観られないからね (笑)。私たちと一緒に観ているような、楽な感じで観てもらえたら!」


小玉梨々華「寝っ転がって、おかしでも食べながら(笑)」


廣川奈々聖「今回のライブは、本当に久しぶりにやった曲もあったり、ユニット曲とかも久しぶりにやったりしたので、いろいろと裏話も話せると思う。リハーサル期間だったりセットリスト決めたりという期間も合わせたら本当に何ヶ月もあったので、そこまでの期間の裏話などはたくさんお話したいなと思います。ただ、私たちは急に話さなくなっちゃう瞬間があるので、そうならないように気を付けます(笑)」


他メンバー「頑張りましょう!」



衛星劇場:番組の視聴方法はコチラ

スペシャルインタビューバックナンバー