衛星劇場 あなたのテレビライフを豊かにする。邦画・洋画・韓流・歌舞伎などバラエティに富んだ上質エンターテインメントチャンネル

邦画・洋画・韓流・歌舞伎などバラエティに富んだ上質エンターテインメントチャンネル

機能リンク

Special Interview 松下洸平 お芝居の面白さを知った作品から転機となった舞台まで、僕の演劇人生の歴史が詰まったような5作品です。

松下洸平

星劇場では8月から2ヵ月に渡って松下洸平さんの出演舞台を特集いたします。その前半となる8月の放送作品の中で、音楽劇『リタルダンド』と『ヴィラ・グランデ 青山 〜返り討ちの日曜日〜』はどちらも2011年の上演でした。


「僕が演劇をはじめて間もない頃の作品で、当時はわからないことだらけでしたし、きっと共演者の皆さんも、演出のG2さんや倉持裕さんも、僕の扱いに困ったことだろうと思います(苦笑)。『リタルダンド』では劇中でギターを弾くシーンがあるのですが、G2さんにお芝居だけでなく、ギターの稽古も付けていただいたのが印象深いですね。また、『ヴィラ・グランデ 青山』は竹中直人さんと生瀬勝久さんによる『竹生企画』というシリーズの第一弾でした。お2人には、稽古や本番を通していろんなことを教わりましたし、一緒にお芝居ができるのが本当に楽しくて。“いつかまた、このお2人と共演したい!”と心の底から感じ、僕に大きな目標を与えてくださった作品だと言えます」


いずれも豪華キャストとの共演でしたが、作品を通してご自身が成長を感じたのはどんなところでしたか?


「『リタルダンド』は吉田鋼太郎さん演じる父親が若年性アルツハイマーを患うという物語でした。稽古に向けて、僕も病気のことや、それを支える家族についての勉強をしたのですが、単純に知識を入れるだけではダメなんだと感じました。むしろ、知識がないからこそのリアルな演技もときには必要だということを学べた作品でした。また、『ヴィラ・グランデ 青山』では竹中さんと食事をした際に、『どうしてお芝居を続けていらっしゃるんですか?』と質問したことがあって。少し間があって、『……洋服を買うためかな』っておっしゃったんです(笑)。“でも、それを聞いて自分も些細なことでもいいから、お芝居を続けるやりがいをたくさん持っていたいな”と思ったのを覚えています」


また8月放送の作品に、井上ひさしさん原案、栗山民也さん演出の『木の上の軍隊』もあります。こまつ座の戦後“命”の三部作≠フひとつに数えられる作品ですが、松下さんにとってどのような舞台だったと感じていますか?


「栗山さんとは2011年のミュージカル『スリル・ミー』で初めてお仕事をさせていただき、以来、お芝居のいろはを教えていただきましたが、特にこの『木の上の軍隊』は僕の演劇人生の転機になった作品だと言えます。戦中のほとんどを木の上で隠れて過ごしたという実話に基づいた物語で、実際に僕も現地の沖縄に行き、その木に登ってみました。そこから見た光景は忘れられないですし、“役者が舞台上で何を感じるべきか”という大切なことを知ることもできました。それに、僕の演じる新兵は無垢な青年で、なぜ戦わなければいけないのかさえもわかっていない。けど、得体のないものを信じる力だけは持っている。僕もこの仕事を続ける上で、成功するかどうかはわからないけど、自分を信じ続けるしかないという意味で、とても共感を持つことができた役でしたね」


そして9月には2017年の出演作品である崩壊シリーズ『リメンバーミー』と、音楽劇『魔都夜曲』も放送されます。


「『リメンバーミー』はただただ笑ってもらえるコメディです。物語の背景や俳優の心理描写など、細かいことは何も考えず見てください(笑)。僕もこの作品に出ているときは“自分へのご褒美だ”と思って楽しんでいました(笑)。一方、『魔都夜曲』は僕の所属する事務所(キューブ)の20周年公演ということで、いろんな先輩方とご一緒できたのが思い出深いです。また、演出の河原(雅彦)さんが、『役者は演じるのが仕事だけど、舞台の上で嘘はつきたくない』と話していたのも印象的で。僕も普段からそうありたいと思っていますが、改めて、舞台上でお芝居という嘘が真実になる瞬間を常に見つけていきたいと思うようになりました」


こうして振り返ると、今回放送される5作品はご自身にとってどのような舞台だったと感じていますか?


「役者としての黎明期の頃の作品もあれば、大きく成長するきっかけとなったものもあり、まさしく僕の歴史が詰まっていると言えます。これからもいろんな舞台に挑戦していきたいと思っていますし、9月には劇作家・演出家ケラリーノ・サンドロヴィッチ(KERA)と緒川たまきさんの新ユニット『ケムリ研究室』の第一回公演『ベイジルタウンの女神』に出演させていただくことが決まっています。個人的に大好きなKERAさんの舞台に参加できることにワクワクしていますので、今回の放送で僕に興味を持っていただけたら嬉しいです!」



<公演情報>
ケムリ研究室no.1『ベイジルタウンの女神』

作・演出:ケラリーノ・サンドロヴィッチ/振付:小野寺修二/映像:上田大樹/音楽:鈴木光介
出演:緒川たまき、仲村トオル、水野美紀、山内圭哉、吉岡里帆、松下洸平、望月綾乃、大場みなみ、斉藤悠、
   渡邊絵理、依田朋子、荒悠平、尾方宣久、菅原永二、植本純米、温水洋一、犬山イヌコ、高田聖子

【東京公演】 2020年9月13日(日)〜9月27日(日) 世田谷パブリックシアター
【兵庫公演】 2020年10月1日(木)〜10月4日(日) 兵庫県立芸術文化センター 阪急 中ホール
【北九州公演】 2020年10月9日(金)〜10月10日(土) 北九州芸術劇場 中劇場

お問合せ(東京公演):株式会社キューブ 03-5485-2252(平日12:00〜18:00)
http://www.cubeinc.co.jp/



衛星劇場:番組の視聴方法はコチラ

スペシャルインタビューバックナンバー