衛星劇場 あなたのテレビライフを豊かにする。邦画・洋画・韓流・歌舞伎などバラエティに富んだ上質エンターテインメントチャンネル

邦画・洋画・韓流・歌舞伎などバラエティに富んだ上質エンターテインメントチャンネル

機能リンク

Special Interview 西銘駿 3作品を通して感じる三橋とチームメイトの成長。そして選手ひとりひとりの心情にも注目してください。

西銘駿

2018年にスタートした舞台『おおきく振りかぶって』はこれまでに3作品を上演。そのすべてで西銘駿さんは主人公である西浦高校野球部のエース・三橋廉を演じてきました。


「このシリーズは僕にとって初めての主演舞台でした。人気コミックが原作ということもあり、1作目のときはすごく不安で、みんなで“これでいいのかな?”と探り探り作っていたところがあったんです。でも回を重ねるごとに、どんどんとみんなの意識も変わっていって。その姿が、劇中で描かれている新設野球部のチームとしての成長ともリンクし、今年上演した3作目の『秋の大会編』では完全にひとつのチームとなって取り組むまでになったんです。そうした過程も含め、本当にかけがえのない作品になっていますね」


三橋は投手としての才能を持ちながらも、自分に自信のない気弱なエースです。西銘さんはこの役をどうとらえていらっしゃいましたか?


「最初はあまりにも僕と真逆すぎてびっくりしました(笑)。三橋はちょっとしたことで落ち込むし、そうかと思えばエースであることにすごい執着がある。僕は明るく、そのときそのときを楽しくすごせればいいやっていう性格なので、“どう演じたらいいんだろう?”とすごく悩んだんです。そんなとき、高校時代にまさに三橋そっくりな友人がいたのを思い出して。それで久々に再会し、彼からいろんな言動を盗ませてもらいました。そうした形で役を作っていったのは初めてだったので、すごく新鮮でしたね」


今回は2月に公演を終えたばかりの最新作『秋の大会編』も放送されます。西銘さんが感じる見どころは?


「ひとつは西浦高校の野球部員たちの心の動き。これまでの2作品は三橋の成長物語としての要素が強かったのですが、『秋の大会編』ではチームとしての変化が強く描かれています。甲子園に向けてのひとりひとりの気持ちであったり、チームメイト同士で切磋琢磨する姿が見られ、より群像劇としての面白さが出ていると思います。もうひとつは三橋がずっと憧れている武蔵野第一高校の投手・榛名君(神永圭佑)との対決。三橋とバッテリーを組む阿部君(大橋典之)は中学時代に榛名君との間に確執があり、阿部君は彼を見返したいと思っているんですね。そうしたバッテリーとしての戦い方や心情が見られるのも『秋の大会編』の魅力ですね。しかも三橋にも変化があり、どうしても榛名くんに勝ちたいという思いやチームを背負うことへの意識が強まっていく。僕も台本を読んで「う〜、三橋ぃ〜!」って感動したので(笑)、その成長した姿にもぜひ注目していただきたいです!」


最後に、この『おおきく振りかぶって』の舞台は西銘さんにとってどのような作品になっていますか?


「舞台の大変さ、面白さ、達成感、終わったあとの寂しさなど、あらゆることを教えていただきました。正直にいうと1作目はプレッシャーだらけでした。でも、今はこんなにも多くの方に愛される作品になったんだという実感があります。また、素晴らしい原作への感謝の思いでいっぱいですし、自分の主演作が3作も続いたことで自信にもつながりました。僕の役者としての原点は『仮面ライダーゴースト』ですが、舞台の原点は間違いなくこの『おお振り』だと感じていますね」



衛星劇場:番組の視聴方法はコチラ

スペシャルインタビューバックナンバー