衛星劇場 あなたのテレビライフを豊かにする。邦画・洋画・韓流・歌舞伎などバラエティに富んだ上質エンターテインメントチャンネル

邦画・洋画・韓流・歌舞伎などバラエティに富んだ上質エンターテインメントチャンネル

機能リンク

Special Interview 松本幸四郎 劇場では決して見られない演出と映像でサスペンスとしても優れたこの作品を楽しんでください

松本幸四郎

『女殺油地獄』は2018年に大阪松竹座で十代目松本幸四郎襲名披露公演として上演され、その後、シネマ歌舞伎にもなりました。この作品の映像化を決めたのは幸四郎さんのリクエストだったそうですが、その理由をお聞かせいただけますか?


「僕はこれまで何度かシネマ歌舞伎の作品を作ってきました。そのすべてに対して僕の思いは一貫していて、“歌舞伎より面白いものにしたい”ということなんです。どちらが上ということではなく、歌舞伎でもなく、映画でもない、新たなジャンルを生み出したいという思いです。そうした中、この『女殺油地獄』はいろんな要素の詰まった演目です。物語性が強く、サスペンスもアクションもある。それだけにシネマ歌舞伎に最適で、また、挑戦のしがいもあると感じたというのが大きいですね」


主人公の与兵衛は放蕩息子で、借金に苦しみ、最後は金の工面を断られた末に同業の女房・お吉を殺してしまうという非情な役です。実際に演じてみていかがでしたか?


「実は僕が与兵衛を演じるのはこれで三度目で、過去に、ル テアトル銀座(2011年)と、香川県の金丸座(2014年)でも上演しました。面白いのは、その2つで解釈が真逆だったことでした。ル テアトルのときはまったく反省も後悔もしない男だと思っていて、一方で、金丸座の公演では最後に懺悔をするんです。作者の近松門左衛門は非常に学があり、信心深い方ですので、もしかすると後者のほうが解釈としては正しいのかもしれません。ただ、いずれにせよ共通しているのは、与兵衛は良くも悪くもそのときそのときを真剣に生きていて、遊ぶときも、人を騙すときも、混じりっけなしに感情の赴くままに行動する男であるということなんですね。いわば、人として破綻している。でも、見方によってはどこか憧れもあるんです。本能のままに生きていけるなんて一番幸せなことですから。つまり、見る人によって大きく印象が変わるのがこの与兵衛という男の面白いところで。それが、今回の放送では皆さんの目にどう映るのか、僕自身もすごく楽しみですね」


最後に、放送をご覧になる方にメッセージをお願いいたします。


「この作品は一昨年の7月に上演されたものですが、シネマ歌舞伎という形で“舞台が残った”と僕は感じています。ですので、ぜひ録画をしていただき、5年後、10年後にもう一度ご覧いただくと、舞台の上で生きているその瞬間の僕に再び出会えるのではないかと思います。そうしたシネマ歌舞伎としての未来の可能性を感じながら、優れたサスペンス作品としての『女殺油地獄』を楽しんでいただければ幸いです」



衛星劇場:番組の視聴方法はコチラ

スペシャルインタビューバックナンバー