衛星劇場 あなたのテレビライフを豊かにする。邦画・洋画・韓流・歌舞伎などバラエティに富んだ上質エンターテインメントチャンネル

邦画・洋画・韓流・歌舞伎などバラエティに富んだ上質エンターテインメントチャンネル

機能リンク

Special Interview パク・シフ

パク・シフ

星劇場でドラマ「バベル」が7月から日本初放送されます。今作が日本で放送される感想を教えてください。


「バベル」がクランクアップしてまだ2カ月くらいしか経っていないんですが、早くも日本での放送が決定したということで、最高の気分です!日本のファンの皆さんにも、視聴者の皆さんにも、「バベル」をたくさん愛していただけると嬉しいですね。


「バベル」はどんなドラマですか?パク・シフさんが演じられたチャ・ウヒョクはどんな人物ですか?


僕が演じた検事チャ・ウヒョクは、復讐のために財閥グループに立ち向かっていくという人物です。愛する女性との出会いにより、その復讐の計画が狂っていく過程が描かれた物語で、“激情ロマンス”というジャンルですが、さまざまなジャンルが詰め込まれているので、ご覧いただくと様々な魅力を感じていただけると思います。


今作への出演のきっかけ&理由は?


初めて台本を読んだ時のフィーリングがとても良かったです。僕が今までに演じたことのなかった“激情ロマンス”も含まれた内容だったため、さらに出演したい気持ちが大きくなり…。そして、素晴らしい監督さんや作家さん、役者の皆さんと一丸となって撮影に臨めるということで、名作になるだろうなという期待も高まっていました。完成したドラマを観ると、クオリティも最高の仕上がりで、大満足ですね!


検事役を演じるため、準備したことはありますか?


以前、「検事プリンセス」というドラマに出演したことがあるのですが、その作品では僕は弁護士で、相手役のヒロインの方が検事だったんです。当時は、法律関係の役柄を演じたのは初めてだったので大変だった部分も多かったのですが、今回はそういった面に関しては、気を楽にして臨むことができたと思います。それから、検事といえばさわやかでクールなイメージがあると思うのですが、チャ・ウヒョクは、純粋で大雑把な一面など、素朴な魅力を持った人物なんです。検事役を演じるために特別に準備をしたというよりは、チャ・ウヒョクのそういった面を表現することに重点を置いて演じるようにしましたね。


キスシーンの撮影エピソードがあれば教えてください。


階段でのキスシーンは、クランクインして1日目か2日目に撮影したのですが、本当にぎこちなかったですね。完成品はどうなるだろうかと、すごく心配していたのですが、映像を観てみると本当にキレイに仕上がっていました。その撮影以降、ずっとキスシーンだったと言えるくらい、たくさんキスシーンを撮りましたね(笑)。


チャ・ウヒョクは検事としての感情とジョンウォンを愛する1人の男としての感情の狭間で葛藤していくようになりますが、もしもシフさんがウヒョクのような状況に直面したら、どちらの感情を貫きますか?


“愛”を選択すると思います。僕は人生において復讐というものは、そんなに重要ではないと思っているんです。チャ・ウヒョクは違うかもしれませんが、僕自身は復讐することに大きな意味を感じないんです。むしろ、復讐を終えた後の絶望感のほうが大きいような気がするので…。だから僕は“愛”を選びます!



衛星劇場:番組の視聴方法はコチラ

スペシャルインタビューバックナンバー