衛星劇場 あなたのテレビライフを豊かにする。邦画・洋画・韓流・歌舞伎などバラエティに富んだ上質エンターテインメントチャンネル

邦画・洋画・韓流・歌舞伎などバラエティに富んだ上質エンターテインメントチャンネル

機能リンク

Special Interview 中西美帆 俳優として、自分とはかけ離れた役柄を演じる面白さを初めて実感しました

中西美帆

久島を舞台に、アマチュア楽団が有名オーケストラと間違われて島にやって来たことから巻き起こる騒動を描くコメディ。中西美帆はアマチュア楽団を“本物”として押し通そうとする無愛想な職員・樋口を演じている。


「樋口は朝ドラのヒロインのように天真爛漫な女性だと聞いていたんです。だけど、坂下(雄一郎)監督が、今の感じだと中西さんの素に近いから面白くないんじゃないかなって言い出して、セリフを変えずにキャラクターだけ変わって無愛想に(笑)。その切り替えは新鮮でした」


本作が映画初主演だが、プレッシャーはほとんど感じなかったとか。


「もちろん不安はありましたけど、現場がとても楽しかったんです。出演者の中では私が一番年下なのに、劇中で悪態をついたり、暴言を吐いたり(笑)。俳優として、自分とはかけ離れたキャラクターを演じる面白さを初めて実感しました」


自らアイデアを出したシーンも。


「楽団が控え室で演奏をすることになり、バレたらどうしようと思いながら樋口が見ている場面で、昔見た映画のワンシーンを思い出して壁から顔を半分だけ出してみたら、監督からOKをもらったんです。あれは、すごくうれしかったですね(笑)」



衛星劇場:番組の視聴方法はコチラ

スペシャルインタビューバックナンバー