衛星劇場 あなたのテレビライフを豊かにする。邦画・洋画・韓流・歌舞伎などバラエティに富んだ上質エンターテインメントチャンネル

邦画・洋画・韓流・歌舞伎などバラエティに富んだ上質エンターテインメントチャンネル

機能リンク

Special Interview 立川志らく 普通に世の中を見てきた人なら落語は何にも知らなくても大丈夫

立川志らく

気落語家の立川志らくが挑む「志らく百席」が、3巡目の「新・志らく百席」に突入。その公演での三席をおくる。


「『志らく百席』は、リアルタイムの自分を伝えようと、得意なものや私の中で面白くなると感じる百席を選んでやっているので、これを見れば水準以上のものが楽しめます。今回の三席は、ナンセンスと狂気と人情とバランスが取れていて、ナンセンスの『松竹梅』は、普通にやったら面白くない噺(笑)。ドタバタ喜劇みたいに作り変えて、躍動感あるものにしています。狂気の『汲みたて』は、新しい笑いを入れ込んでもがいたもので、それが上手くいったと感じているネタですね。人情の『紺屋高尾』は、映画ならこんな風にするだろうと、ドラマチックで画期的な演出をしているという自負があります」。


 落語初心者も問題なく見られると太鼓判を押す。


「普通に世の中を見てきた人ならば、楽しめます。日本人は字幕で映画を見て、わからない字があってもなんとなくわかるんです。日本語で喋っているんだから、古い言葉が出てきてもわかる。だから、落語は何にも知らなくても大丈夫なんです」。



衛星劇場:番組の視聴方法はコチラ

スペシャルインタビューバックナンバー