衛星劇場 あなたのテレビライフを豊かにする。邦画・洋画・韓流・歌舞伎などバラエティに富んだ上質エンターテインメントチャンネル

邦画・洋画・韓流・歌舞伎などバラエティに富んだ上質エンターテインメントチャンネル

機能リンク

Special Interview 市村正親 出演の機会を与えてくれた蜷川幸雄さんに感謝しています

市村正親

「マクベスは、演じていてすごく面白い。魔女の予言を信じ、権力を求めて、妻とふたりで地獄に堕ちるような思いをした挙げ句、予言は思いもよらない意味があって……とさんざんな目に合う(笑)」


笑いを交えながら「NINAGAWA・マクベス」の筋を説明する市村正親。撮影中も終始底抜けに明るく、“ザッツ・エンターテナー”という印象を受ける彼だが、マクベスの演技はナイーヴで情感あふれるものだった。


「マクベスが何もかも失った時に、人生について語る台詞がとても深くてね……。2年前に胃がんを煩った時の経験が、この台詞を言わせてくれたようにも思います。病気をも次のステップにできる僕は恵まれているし、その機会を与えてくれた演出家・蜷川幸雄さんに感謝しています」


 蜷川が、シェイクスピアの「マクベス」を日本の安土桃山時代に置き換えたこの作品は、圧倒的な様式美と斬新な解釈に彩られている。


「仏壇の中で、我々日本人のご先祖様の体験した出来事が回想されているという蜷川さんの発想が秀逸ですよね。亡くなった方を思う気持ちが込められたこの作品を演じながら、僕も亡くなった俳優仲間のことを考えていました。芝居が好きで、好きで、でも志半ばで倒れた人たちの分まで、僕はがんばらないといけない」


 華やかな笑顔の中に、俳優としての覚悟をのぞかせた。



衛星劇場:番組の視聴方法はコチラ

スペシャルインタビューバックナンバー