「Golden Blood」特設サイト

「Golden Blood」特設サイト

日本初放送 2022年2月14日スタート! - 「Golden Blood」特設サイト | 衛星劇場

「Golden Blood」特設サイト NEWS|衛星劇場

・[NEW]2022/1/31 「Golden Blood」特設サイト公開!

視聴方法|衛星劇場

忠犬ボディガード×マフィアのお坊っちゃま!相手のために命まで捧げる愛 - INTRODUCTION | 「Golden Blood」特設サイト|衛星劇場

ニヤニヤが止まらない胸キュンシーン満載の主従関係萌えドラマ!今までありそうでなかったマフィアがらみの主従関係。下克上をキメたいドキドキ設定。同居LOVEに萌え萌えMAX。アクションシーンも満載!

200万分の1のような奇跡が起こった恋 - STORY | 「Golden Blood」特設サイト|衛星劇場

孤児だったサン(Sun)は、息子と同じである世界中で200万人に1人という「黄金の血」の持ち主のため、幼いころにマフィアのボス、プーパーに養子として迎え入れられ育てられた。その恩に報いるため、義理の父親であるプーパーには絶対の忠誠を誓っている。プーパーの実の息子スカイ(Sky)は、父のことを逆恨みした敵から命を狙われることに。プーパーは、サンにバンコクの大学へ通うスカイの護衛を命じる。頼んでもいないボディガードを雇われ不本意なスカイは、わざとサンに難題を突きつけるが、同じ時間を過ごし、様々な困難を乗り越えていくうちに互いに好感を持つようになる。しかしサンは立場をわきまえ、自分の気持ちを抑えようとしていた…。

目で語り合うプーパーとティアンふたりの世界を見せつけられる… - CHECK POINT | 「Golden Blood」特設サイト|衛星劇場

“太陽”と“空”はともにあるべき心ごと守り合うサンとスカイ - CHECK POINT | 「Golden Blood」特設サイト|衛星劇場

スカイにとってサンとの暮らしは、強制的な同居のなかで日夜にわたり見張られ、窮屈なものになるはずだった。しかしスカイは、サンとは違うかたちで彼を「守りたい」と思うようになっていく。サンはプーパーを「父」と呼んではいるが、無条件で愛し合う家族のぬくもりや、友達とふざけ合う楽しみを知らずに育った。スカイはそんなサンを、“孤独”から守りたいのだ。サンもまた、プーパーを通して知っていた“主の息子”としてではなく、愛情深い生身の人間としてのスカイを、命を懸けて守る決意を強めていく。「あなたが幸せなら自分も幸せ」という想いを育てるサンとスカイは、「太陽」と「空」の名の通り、ともにあって守り合うべきふたりなのだ。

サンとスカイの物理的・心理的距離が近い!毎話ドキドキさせられっぱなし - CHECK POINT | 「Golden Blood」特設サイト|衛星劇場

サンとスカイは出会った瞬間から物理的な距離が近く、心が通じ合うにつれてそれは加速していく。危険から守るためや励ます意味もあるものの、手を握って間近で見つめ合うのはしょっちゅう。サンがスカイを抱き上げてベッドに運んだり、スカイがサンに「あーん」とごはんを食べさせたり。またサンがお風呂上りのスカイの髪の毛を当たり前のようにふいたり、スカイがサンの体をすみずみまでふく…なんてことも。ふたりの時間をうっかり盗み見ている感覚になるほど、ドキドキシーンが連発だ。

ボディガード・サンの初体験微笑ましくもあり切なさもあり… - CHECK POINT | 「Golden Blood」特設サイト|衛星劇場

護衛のため大学生に扮してスカイと過ごすサンは、初めてづくしの日々を送るようになる。家事をこなす手先の器用さとは反比例するようで、授業で描いた絵によって画力が壊滅的だと判明し、新入生歓迎会や合宿ではぎこちないダンスを披露。そしてスカイがプレゼントしてくれる“サプライズ”の数々には、「優しくされたのは初めてです」「とても楽しかった」と心からの笑顔を見せる。サンの素直なリアクションは微笑ましいのと同時に、彼が歩んできた人生を思えば涙なくしては見られない…。

お坊ちゃんパワーを天性の魅力で行使スカイの“お願い”は破壊力大 - CHECK POINT | 「Golden Blood」特設サイト|衛星劇場

スカイは子供扱いを嫌がりながらも、父に与えられた裕福な暮らしのなかで生きてきた“お坊ちゃん”。それでも感謝とお返しの精神を当然のものとして持っており、自然に他者へと向ける。特にサンに言い放つわがままや命令の数々は、心を許した相手に向けるものだからこその甘さを含んだ“お願い”になっている。お坊ちゃんパワーを、天性の魅力で行使できる人物なのだ。何より彼がたびたび口にする「真実を知りたい」という言葉は、より強い“お願い”となって、サンのかたくなな心を開いていく。

ボートとガンの多才ぶりが光るふたりが歌うラブソングも聴き逃せない - CHECK POINT | 「Golden Blood」特設サイト|衛星劇場

モデルとしても活動するボートは美しく鍛え抜かれた体を駆使し、凄腕ボディガードであるサンの重いパンチやキック、バンクいわく「忍者みたい」な静かで俊敏な身のこなしを体現。一方のガンは代表作「ラブ・バイ・チャンス/Love By Chance」では親しみやすい青年を演じたが、本作のスカイでは無邪気な笑顔、いたずらな顔、にらみ顔、そして恋に苦悩し涙する顔など、より喜怒哀楽の幅が激しい芝居に挑んでいる。さらにガンは主題歌「Love is coming to me」を、ボートは挿入歌「Can You Hear Me?」の歌唱も担当。全フレーズにサンとスカイの互いへの気持ちが詰まったラブソングを、甘い声で歌いあげている。

険悪ムードから始まったはずが…ピットとバンクの恋模様も気になる - CHECK POINT | 「Golden Blood」特設サイト|衛星劇場

ピットとバンクはどちらもトックテンに好意を持っていただけに、第一印象はお互いによくなかった。しかしつるむようになると、ノリのよさやいたずら好きなところが意気投合。軽口をたたき合うが、その内容はピットが「バカを装って実は友人を心配してる」とバンクを理解していたり、バンクが「僕のこと恋しくならないように気をつけて」などと小悪魔的なものばかり。またピットは、当初からバンクに「かわいい」発言をしたり頭をなでたりと、スキンシップが多い。そんなふうに自覚がないまま恋心を育てたために、女の子好きで通していたピットは困惑し、仲をこじらせるのだが…。サンとスカイを隣で見守りながら、にぎやかな恋模様を描くふたりにも注目だ。

EPISODE | 「Golden Blood」特設サイト|衛星劇場

  • EPISODE 1 | 「Golden Blood」特設サイト|衛星劇場

    EPISODE 1 | 「Golden Blood」特設サイト|衛星劇場

    孤児だったサンは、幼いころにマフィアのボスであるプーパーに養子として迎え入れられ育てられた。その恩に報いるため、義理の父親であるプーパーには絶対の忠誠を誓っている。麻薬に手を出すことだけは嫌うプーパーに対し、薬物を扱うサックキーは取引を拒まれたことを逆恨みし、プーパーの実の息子スカイの命を狙っていた。サックキーの計画を察知したプーパーは、サンにバンコクの大学へ通うスカイの護衛を命じるのだが・・・。

  • EPISODE 1 | 「Golden Blood」特設サイト|衛星劇場

    EPISODE 2 | 「Golden Blood」特設サイト|衛星劇場

    レストランで食事をしている最中に、不良たちに絡まれケンカになったスカイとバンクたち。大乱闘へ発展するが、そこへ現れたサンのおかげで事なきを得る。スカイは、ケガを負った自分を懸命に手当てするサンに感謝の花束を渡し、2人の距離は一気に縮まるのだった。一方、酔いつぶれたバンクを気遣うピットは自宅に彼を連れて帰るのだが、バンクはピットのことをトックテンだと勘違いして・・・。

  • EPISODE 1 | 「Golden Blood」特設サイト|衛星劇場

    EPISODE 3 | 「Golden Blood」特設サイト|衛星劇場

    殺し屋の襲撃でケガを負ったサン。看病をするスカイは、自分が贈った花束がサンの部屋に大事に置かれているのを見て彼の思いを感じ取り、寝ているサンに感謝の言葉を掛ける。翌朝、傷の癒えたサンがいつも通りスカイの朝食を用意し、彼の好みの目玉焼きを出す。スカイは自分のことを何でも知っているサンに驚く一方、自分はお前のことを何も知らないと言って過去を問いただす。サンは重い口を開いて語りだすのだが・・・。

  • EPISODE 1 | 「Golden Blood」特設サイト|衛星劇場

    EPISODE 4 | 「Golden Blood」特設サイト|衛星劇場

    プールで殺し屋に襲われたサンは、スカイのとっさの救命措置でかろうじて一命を取り留める。スカイが自分の命を狙っているのは誰かと問いただすと、サンはプーパーとサックキーの麻薬をめぐる争いについて語り出した。翌朝、サンにケガをさせたくないから自分の身は自分で守ると言い出したスカイは早速トレーニングを始めるが、サンに簡単にあしらわれた挙句、すぐに音を上げてしまう。そんなスカイをサンは優しくいたわるのだった。

  • EPISODE 1 | 「Golden Blood」特設サイト|衛星劇場

    EPISODE 5 | 「Golden Blood」特設サイト|衛星劇場

    大学の仲間たちと村営保育所へボランティア合宿にやってきたサンとスカイたち。2人1組でテントで寝泊まりするのだが、バンクは組む相手がいない。するとピットが救いの手を差し伸べ、ペアを組むことに。保育所で子供たちと遊んで過ごすうちに2人の距離も徐々に縮まっていくのだった。一方、サンに好意を寄せるジュノーと、スカイが気になるトックテンは、それぞれ相手の気を引こうとするが、全く彼女たちになびく様子がなく・・・。

  • EPISODE 1 | 「Golden Blood」特設サイト|衛星劇場

    EPISODE 6 | 「Golden Blood」特設サイト|衛星劇場

    合宿最後の夜、キャンプ場の池にいかだを浮かべ美しい星空を眺めるサンとスカイ。前日の晩のキャンプファイヤーで泥酔したサンが発した言葉の意味を確認しようとするスカイ。覚えていないと答えるサンに、スカイは思わずキスをする。サンは自分はただの護衛だと言うが、スカイは本当の気持ちに正直になるよう説得するのだった。同じころ、テントでじゃれあっていたバンクとピットも成り行きでキスをしてしまうのだが・・・。

  • EPISODE 1 | 「Golden Blood」特設サイト|衛星劇場

    EPISODE 7 | 「Golden Blood」特設サイト|衛星劇場

    護衛を交代するようスカイに言われたサンは、その言葉を真剣にとらえ思い悩む。しかし、そう突き放したスカイも自分の心に正直ではないことを自覚していた。サンを遠ざけるため、スカイはトックテンをデートに誘い2人きりになるのだが、逆にサンのことが気になってしまう。一方、ジュノーと一緒にいるサンもスカイのことが気掛かりで仕方ない。結局1人でいるところをサンに見つかったスカイは、自分のことをどう思っているのか、サンを問い詰めるのだった。

  • EPISODE 1 | 「Golden Blood」特設サイト|衛星劇場

    EPISODE 8 | 「Golden Blood」特設サイト|衛星劇場

    重傷を負い意識が戻らないサンの隣でつきっきりの看病を続けるスカイに、プーパーの部下が声をかける。サンにとってあなたは人生の全てで、あなたなしでは彼は生きていけない、と伝え、一冊のノートを手渡すのだった。それを読んで泣き崩れるスカイ。そこには、サンのスカイへの本当の想いがしたためられていた。目を覚ましてくれと訴えるスカイの声に応えるかのように、サンは奇跡的に意識を取り戻すが・・・。

CAST | 「Golden Blood」特設サイト|衛星劇場

人物相関図 - CAST | 「Golden Blood」特設サイト|衛星劇場

サン - CAST | 「Golden Blood」特設サイト|衛星劇場

スカイ - CAST | 「Golden Blood」特設サイト|衛星劇場

ピット - CAST | 「Golden Blood」特設サイト|衛星劇場

バンク - CAST | 「Golden Blood」特設サイト|衛星劇場

ジュノー - CAST | 「Golden Blood」特設サイト|衛星劇場

トックテン - CAST | 「Golden Blood」特設サイト|衛星劇場

プーパー - CAST | 「Golden Blood」特設サイト|衛星劇場

サックキー - CAST | 「Golden Blood」特設サイト|衛星劇場

詳しい放送日時はこちら!

© Rock Imaging International Co., Limited Distribute

視聴方法|衛星劇場

キャンペーン・PR Campaign & PR

SNS

衛星劇場
LINE公式アカウント
8