衛星劇場 あなたのテレビライフを豊かにする。邦画・洋画・韓流・歌舞伎などバラエティに富んだ上質エンターテインメントチャンネル

邦画・洋画・韓流・歌舞伎などバラエティに富んだ上質エンターテインメントチャンネル

機能リンク

2015年に大ヒットした『賢后 衛子夫』の制作チームによる、皇后シリーズ第2弾となる宮廷時代劇『独孤皇后〜乱世に咲く花〜』は衛星劇場で9月30日(水)日本初放送スタート!!

スカパー!キャンペーン | 独孤皇后〜乱世に咲く花〜|衛星劇場

2015年に大ヒットした『賢后 衛子夫』の制作チームによる、皇后シリーズ第2弾となる宮廷時代劇!隋の初代皇帝となる楊堅役を『月に咲く花の如く』のチェン・シャオ(陳暁)が、ヒロイン独孤皇后役を『ハートに命中100%』の人気女優ジョー・チェン(陳喬恩)が演じる。 | 独孤皇后〜乱世に咲く花〜 INTRODUCTION|衛星劇場

唐代繁栄の礎を築いたとされる隋を開国した楊堅と、夫に側妃を持たせなかった古代中国史上ただ一人の皇后、独孤伽羅の波乱の生涯を描く。 | 独孤皇后〜乱世に咲く花〜 STORY|衛星劇場

戦乱が頻繁に起きていた北周王朝の初期、大冢宰の宇文護が朝廷の実権を握っていた。宇文護は従弟の宇文毓を傀儡として皇帝の座に座らせ、反対勢力を制圧し、政治権力を強化していたが、朝廷内外で朝廷への不満が高まり始め、朝廷は民憤を抑えようと仏教行事を積極的に行う。隨国公の長男楊堅(チェン・シャオ)も弟達を連れてその行事へ参加するが、そこで男装をした衛国公の娘、独孤伽羅(ジョー・チェン)に出会う。 弱い立場の人たちを助ける善良でまっすぐな性格を持つ独孤伽羅に楊堅は好意を抱く。

独孤皇后〜乱世に咲く花〜 STORY|衛星劇場

独孤皇后〜乱世に咲く花〜 STORY|衛星劇場

一方で、宇文護は反対勢力である独孤伽羅の父・衛国公を排除しようと謀略をしかける。家族が迫害に遭った独孤伽羅は復讐を決意し、楊堅はそんな独孤伽羅を支え、復讐を成し遂げる。その後、楊堅は隋の初代皇帝となり乱世の中で中国を統一し、文化経済の発展に力を注いでいく。開国皇帝となった楊堅を独孤伽羅は皇后として支え、二人は隋の時代の発展に欠くことのできない存在となり、中国古代朝廷で美しい愛の物語を織りなしていく。

楊 堅 役 チェン・シャオ(陳暁),独孤伽羅 役 ジョー・チェン(陳喬恩) - 独孤皇后〜乱世に咲く花〜 CAST|衛星劇場

独孤皇后の生涯 | 独孤皇后〜乱世に咲く花〜 COLUMN|衛星劇場

独孤皇后〜乱世に咲く花〜 COLUMN|衛星劇場

独孤皇后(どっここうごう、553年 - 602年)は、隋の初代皇帝である文帝の皇后。第2代皇帝・煬帝の生母。姓名は独孤伽羅。賢婦人だったが性格に多少問題があったことで有名。姉は唐の高祖李淵の生母である。父は武川鎮軍閥の名門で鮮卑族の独孤信。楊堅との結婚は14歳の時で、政略結婚であった。独孤夫人は非常に聡明であったが、気が強くて嫉妬深く、楊堅に対して側室を置くことを絶対に許さなかった。ある時、楊堅が美貌の女性として知られる尉遅熾繁を後宮に入れた際、それを知った独孤は激怒して楊堅の留守中に委細構わず彼女を殺害してしまった。楊堅は部下も連れずに馬に乗って20里(約10キロ)離れた山中まで疾駆し、後を追ってきた重臣の楊素や高熲に対して「我は天子(皇帝)であるのに、なぜ何一つ思いのままにならないのか」とまで言ったという。このように楊堅は独孤の存命中はその手足を厳しく押さえつけられていた。
一方で独孤は政治にも介入し、楊堅が北周から皇位を奪って自分が即位するべきか、それともあくまで北周を立てるべきか迷っていた際、「もうここまで来た以上は猛獣の背中に乗ったようなものですから、途中で降りることはできません。やるべきです」と言って迷う楊堅を叱咤して皇位の禅譲を決意させた。
また、楊堅が文帝として朝廷に臨む際には共に車に乗って同行し、宮門で待機して宦官を使って朝廷の様子を探らせ、文帝に対して自ら指令を発することもあった。そのため周囲から文帝と皇后は「二聖」と称され、皇帝同様に見られており、朝廷で政務が終了すると文帝と共に奥御殿に戻ったという。独孤は楊堅との間に5男5女(楊勇、楊広(後の煬帝)、楊俊、楊秀、楊諒、楽平公主(楊麗華、北周の宣帝の皇后)、蘭陵公主(楊阿五)、広平公主)に恵まれた。一人の夫人でこれだけ子宝に恵まれたのは異例だといっても過言でもない。独孤は一夫一妻を尊重し、他の女性にうつつを抜かす者は我が子や重臣でも容赦しなかった。重臣の高熲の夫人が死去したので彼女は文帝を通じて再婚をさせようとしたが、高熲は老齢を理由に固辞した。ところがその直後に高熲の側室が子供を産んでしまったので、独孤にすれば面目を潰されたも同然で激怒し、文帝を誘導して高熲を失脚させた。文帝の皇太子は長男の楊勇であったが、彼も正室を虐待して側室を愛するなど乱脈な女性関係が目立ったため、独孤は激怒して文帝に進言して楊勇も廃太子にしてしまった。
一方でこの独孤の性格は利用されることにも繋がった。次男の楊広は本当は女性関係も乱脈で贅沢好きであったが、皇太子の地位を得るためにご機嫌取りを行なって独孤の関心を得た。そのため楊勇が廃されると、代わって楊広が皇太子に指名された。602年に死去。享年50。独孤の死後、自由を手に入れた文帝は後宮に頻繁に入り浸るようになり、その荒淫が原因で2年後に崩御することになる。なお、文帝は崩御する直前に独孤が推挙した次男・楊広の本性を知って「独孤、我を誤てり(独孤は私を失敗させた)」と激怒して叫んだという。

独孤皇后〜乱世に咲く花〜 NEWS | 衛星劇場

・[NEW]2020/08/28 「独孤皇后〜乱世に咲く花〜」特設ページ公開!

独孤皇后〜乱世に咲く花〜 NEWS | 衛星劇場

スカパー!キャンペーン

独孤皇后〜乱世に咲く花〜 詳しい放送日時はこちら! | 衛星劇場

視聴方法