衛星劇場 あなたのテレビライフを豊かにする。邦画・洋画・韓流・歌舞伎などバラエティに富んだ上質エンターテインメントチャンネル

邦画・洋画・韓流・歌舞伎などバラエティに富んだ上質エンターテインメントチャンネル

機能リンク

シムクン♪韓流

人気スターがペットシッターになって大奮闘!『マリと私〜ペットと僕らの奮闘記〜』

「マリと私〜ペットと僕らの奮闘記」 動物とスターたちの心温まる交流を追った、ほっこり癒やされるバラエティ番組。番組では、スターたちが飼い主に代わってペットの面倒を見る「動物委託サービス」に挑戦します。飼い主たちがペットを預ける理由は、旅行や出張などに加え、「仕事が忙しくて遊んであげられないから思い切り遊ばせてやってほしい」とか「ペットの世話があって遠出したことがなく、たまにはペットを預けてゆっくりしたい」など、さまざま。飼い主の家に出かけて世話をしたり、希望の場所にピックアップに行ったりと、状況に応じてペットたちをケアします。


ペットの“パパ”になって奮闘するのは、バラエティ番組でおなじみのカン・ホドンやウン・ジウォン、そして俳優のソ・イングク、シム・ヒョンタク、キム・ミンジェに、人気ボーイズグループiKONのB.IとJINHWANなど。番組スタート前の面接で、動物に対する知識やペットを飼う心構えなどが出演者の中で一番優秀だと言われたソ・イングクは、これまでリスやイグアナなどいろいろなペットを飼ったことがあるそうで、いつも的確な対応を見せてくれます。ペットのために身を粉にして働く姿から、シンデレラならぬ“ソデレラ”というあだ名がついたほど。JINHWANは子どものころの夢が獣医だったそう。一方、ペットを飼う資格の面ではまだまだだけど、それだけに「のびしろがある」と言われたシム・ヒョンタクは、常に動物たちとの“共感”を目指して大奮闘します。


委託されるペットは、犬や猫からアライグマやフェレット、赤ちゃんヤギまでとにかくバラエティに富んでいて、彼ら自身、見るのも初めてという動物も。さらに、ペットを預かっている間は、飼い主から頼まれた、“してくださいリスト”に従って、いろいろなお願いを実行しなくてはなりません。ペットのトイレ掃除や散歩などはもちろんのこと、小屋を作ってほしい、ペットにかわいい服を作ってあげて、なんていうお願いもあるので、ペットのためにチクチクとお裁縫をしたりするキュートな彼らの姿も見られます。


ペットをあやしたり、じゃれあって遊んだり、予測不能な動物の行動に振り回されてあたふたする出演者たちの姿からは、彼らの温かい素顔がかいま見え、そして、世話をしながら彼らの中に動物に対する愛情と責任感が生まれていくのが感じられて、とってもとっても優しい気持ちになるバラエティ番組です!