衛星劇場 あなたのテレビライフを豊かにする。邦画・洋画・韓流・歌舞伎などバラエティに富んだ上質エンターテインメントチャンネル

邦画・洋画・韓流・歌舞伎などバラエティに富んだ上質エンターテインメントチャンネル

機能リンク

シムクン♪韓流

韓国初のバレーボール青春ロマンス「ドキドキスパイク(原題)」

韓国ではいま、Webドラマが急増中。1話15〜20分程度のものが主流で、トップ俳優やアイドルたちもこぞって出演するうえ、ストーリーが斬新で話題になる作品も続々登場しています。間もなく日本初放送となる『ドキドキスパイク(原題)』は、そんなWebドラマの中でも、韓国と中国が合作した作品。『イ・サン』『馬医』などの名作でおなじみのドラマ制作会社、キム・ジョンハクプロダクションが手掛けています。中国では韓国に先駆けて公開がスタートし、爆発的な人気を集める注目作なのです(すでにパート2の制作も決定)。


ドラマの舞台は、テハン高校の男子バレーボール部。韓国でフィギュアのキム・ヨナ、新体操のソン・ヨンジェと並び「韓国スポーツ3大女神」と呼ばれている(という設定の)バレーボールの女神、カン・セラ(ファン・スンオン)は、自分が起こしたトラブルを公にしないことと引き換えに、不本意にもこのバレー部のコーチを引き受けることになります。ところがチームは廃部寸前の超弱小。「さっさとやめてやる!」とやる気ゼロのセラでしたが、バレーボールに対する情熱と負けん気から、徐々にコーチ業に熱中していくのです。


チームのエースは、ソン・ジェリム演じるファン・ジェウン。エースといっても、全国最下位の弱小チームでは、まったく活躍の場がありません。学校ではついに廃部の決定が下されてしまいますが、セラが理事長から「全国大会で優勝すれば廃部撤回」という条件を引き出し、ジェウンは部員らと共に練習に打ち込みます(ここにセラが所属するスポーツエージェントからの妨害やセラを取り巻く三角関係などが絡んで展開!)。


ジェウンは事情があって1年休学をしていたため、すでに未成年ではないという設定(韓国では満19歳で成人、満19歳になる年の1月1日からはお酒・たばこが許可されます)。セラのことをコーチ扱いも年上扱いもせず、最初は強烈に無愛想なのですが、セラが人知れず抱える負傷を一瞬で見抜いて気遣うなど、徐々にソン・ジェリムお得意のツンデレが炸裂。ちょっぴり違和感あるかも(?)な、かわいい制服姿も必見です。さらにバレー部の面々は、身長180cmのソン・ジェリムすら小柄に見えてしまうほど山脈級の高身長揃いで、5urprise(サプライズ)としても活躍中のイ・テファンが、チーム存続のため健気に頑張るキャプテンのペク・ウジンを熱演しています。


韓国では初となるバレーボールをテーマにした青春ロマンスドラマ。テハン高校バレー部の奮闘ぶりと、さわやかな恋の行方に注目です!