衛星劇場 あなたのテレビライフを豊かにする。邦画・洋画・韓流・歌舞伎などバラエティに富んだ上質エンターテインメントチャンネル

邦画・洋画・韓流・歌舞伎などバラエティに富んだ上質エンターテインメントチャンネル

機能リンク

Cinema de 温故知新

反骨の社会派映画監督、小林正樹

2016年は小林正樹監督の生誕100周年にあたるが、この名匠、何といっても『人間の條件』全6部作(59〜61)をはじめとする社会派、反骨の映画監督といった印象が強い。

 1916年2月14日、北海道小樽市に生まれた小林正樹は、41年に早稲田大学文学部哲学科を卒業して松竹大船撮影所助監督部に入社するも、翌42年に応召。満州ハルピンを経て宮古島守備隊として終戦を迎え、およそ1年ほど沖縄で米軍捕虜生活を強いられ、46年11月に復員し、大船撮影所に復帰。助監督時代は木下惠介監督に師事。『不死鳥』(47)から『日本の悲劇』(53)まで就き、木下門下生の優等生と言われた。

 52年に『息子の青春』で監督デビュー。以後、『まごころ』(53)『三つの愛』(54)など叙情性豊かな松竹らしい作品群を発表するが、実は53年の秋、監督3作目として撮った『壁あつき部屋』がBC級戦犯を描いていたことで、対米感情を配慮した松竹は公開を見送り、およそ3年後の56年、ようやく陽の目を見た。

 この事件あたりから彼の反骨精神が徐々に露呈し始めるようになり、同年にはプロ野球界の内幕を描いた『あなた買います』や、水源地問題をめぐる『泉』など、従来の大船調の枠を超えた社会派的作品を世に出すようになっていく。

 反戦映画の代名詞『人間の條件』6部作で国内外映画賞を多々受賞し、初の時代劇『切腹』(62)で封建主義の非道を描いてカンヌ国際映画祭審査員特別賞を受賞した彼は、64年に超大作『怪談』を濃密な幻想美術世界として撮り上げ、再び同賞を受賞し、アカデミー賞外国語映画賞候補にもなるが、美術への造詣が深い彼のこだわりは半端ではなく、製作費は大幅に超過。制作のにんじんくらぶを事実上の倒産へ追い込んだ。

 65年には松竹を退社して東京映画と契約し、67年に三船プロの『上意討ち 拝領妻始末』で再び封建主義の非を描き、ベネツィア国際映画祭批評家連盟賞を受賞。70年代以降はフリーとなり、自ら撮った連続テレビドラマをおよそ3時間に編集した『化石』(75)や、膨大な記録フィルムを4時間半にまとめたドキュメンタリー映画『東京裁判』(83)を発表。

人間の條件

60年代後半より井上靖の小説『敦煌』映画化を宿願とし、80年代に入り、それが実ろうとしたものの、制作元と方針が合わず断念を余儀なくされるなど、完全主義者ゆえの頑なさもあってか、過激派の息子を持つ家族が崩壊してゆく『食卓のない家』(85)以降、新作を撮る機会に恵まれず、96年10月4日に死去(つまり来年は没後20周年でもある)。
『人間の條件』以来、仲代達矢を起用した作品も多く、『食卓のない家』と同年に黒澤明監督、仲代主演の『乱』も公開されているが、この時期の取材で「やはり仲代君は僕の映画のほうがいい(笑)」と冗談まじりに語っている(両者は木下惠介、市川崑も交えて60年代末に“四騎の会”を結成している)。

 日本映画のエログロ化を徹底批判して、当時のピンクやロマンポルノの若き作り手たちの仮想敵になるなど、なかなかに巌窟でもあった名匠、自作のテレビ放映もなかなか許さず、『人間の條件』も自身がシネマスコープの画をすべてチェックした上でビスタサイズにトリミングしたレーザーディスクを90年代に発売させ、「銀幕ならシネスコ、しかしテレビにはこのビスタの画が『人間の條件』にふさわしい」と断言した。機会があれば、監督自らのトリミング版も見てみたいものである。

『人間の條件』全6部を2月に放送予定