衛星劇場 あなたのテレビライフを豊かにする。邦画・洋画・韓流・歌舞伎などバラエティに富んだ上質エンターテインメントチャンネル

邦画・洋画・韓流・歌舞伎などバラエティに富んだ上質エンターテインメントチャンネル

機能リンク

猟人日記

  • チェック
監督:中平康
原作:戸川昌子
脚本:浅野辰雄
出演:仲谷昇 戸川昌子 十朱幸代 北村和夫 山田吾一 岸輝子

一冊のノートに秘められた、恐るべき人間の暗い絵図。江戸川乱歩賞を獲得した女流作家・戸川昌子原作の問題作!

生命保険会社勤務・尾花けい子の自殺記事が、新聞の片隅に小さく載った。警察に駆けつけた姉・尾花常子は、けい子が妊娠六ヶ月であったことを知らされた。泣き伏す常子の小鼻のホクロが、そのときの係官に妙に生々しい印象を与えた。妹の日記帳には「名も知らぬ男と新宿のバーで“流浪の民”を唄い、ホテルへ」と記されていた。新宿のバーにホクロの女が現れ、女と“流浪の民”を唄った男について尋ねた。尾花常子だ。彼女はそこで聞いた男の出身大学へ出向き、本田一郎という名前と、彼が珍しい血液型であることを聞き出した。本田一郎は関西物産会長・原の女婿で、優秀な電子計算機コンサルタントだった。定宿としていたホテルの他に、小さなアパートを持つ暮らしを楽しんでいる。アパートは彼の“猟人”としてアジトで、“猟人日記”と題したノートに彼の犠牲となった女たちの名前と、そのときの模様を詳細に書きとめていた…。

各話放送日一覧

シネマセレクション 秋のサスペンス映画〜昭和推理小説より〜
- 10月 2日(土) 前 6:30 13日(水) 前 8:30 22日(金) 後 8:45 28日(木) 前 8:30

« 名作セレクション一覧へ戻る

▲このページの先頭へもどる