『最遊記歌劇伝-Darkness-』

お気に入り登録

お知らせ・NEWS

作品詳細

峰倉かずやの人気漫画『最遊記』シリーズを舞台化した『最遊記歌劇伝』。死者をよみがえらせる術を持つ異国の司教ヘイゼルのエピソード「ヘイゼル編」が描かれる。

人間と妖怪、化学と妖術が共存を果たす無秩序な世界、“桃源郷”。しかし、その均衡は突如崩れた。負の波動を受けた妖怪たちの暴走という、謎の“異変”によって。その元凶は、大妖怪・牛魔王蘇生実験にあった。牛魔王蘇生実験を阻止すべく観世音菩薩からの命を受けた
玄奘三蔵、孫悟空、沙悟浄、猪八戒の四人は西域・天竺国への旅を続けていた。
旅を始めて1年が過ぎたある日。とある町で妖怪からの襲撃を受ける三蔵一行。戦いの最中、突如、異国から来た二人組、ヘイゼル=グロースとガトが現れ三蔵一行を救う。それからというもの…特殊な蘇生術を持つヘイゼルと謎の大男ガトは三蔵たちの行く先々に現れては三蔵たちを翻弄する。この男は敵か…それとも味方か。そして選ぶべきは生きるか…死ぬか。
彼らの中に眠る過去の記憶たちが「命の意味」を求め動き出す。そんな折、遠くから三蔵たちやヘイゼル、ガトの様子を窺っていた?健一は、まるでそんな彼らが出会う日を待ち望んでいたかのように新たな目的へ向かって歩き出す。
――生き延びるさ、胸張って死ぬ為に。

(2019年6月13日収録 ヒューリックホール東京)

おすすめ作品

キャンペーン・PR Campaign & PR

SNS

衛星劇場
LINE公式アカウント