銘作左小刀 京人形

お気に入り登録

お知らせ・NEWS

作品詳細

京都の廓で見初めた小車太夫のことが忘れられない彫工の名人、左甚五郎。太夫に生き写しの人形を彫り、家の中に飾っています。ある日、人形相手に酒宴を始めると、不思議なことに人形が動き出すではありませんか。しかし、精魂込めた甚五郎の魂が宿っているため、仕草は男性そのもの。そこで廓で拾った太夫の鏡を人形の懐に入れてみると、たちまち女性らしい仕草となります。喜んだ甚五郎は人形を相手に踊り出しますが…。

日光東照宮の眠り猫の作者として有名な左甚五郎を白鸚、そして本演目で初めて本格的な女方を務める孫の染五郎との絡みも楽しい高麗屋の魅力溢れるひと幕。

(2021年/令和3年6月・歌舞伎座)

動画

放送スケジュール

(C)松竹株式会社

関連情報(コラム・特集・プレゼントなど)

おすすめ作品

キャンペーン・PR Campaign & PR

SNS

衛星劇場
LINE公式アカウント
7