大巨獣ガッパ(日本語字幕放送)

お気に入り登録

作品詳細

日本の探検隊が、南海の孤島で発見した大巨獣ガッパの子を捕獲してくる。が、2匹の親ガッパがそれを追って東京に上陸。熱光線によって街は次々と破壊されていく。日活が唯一製作した特撮怪獣映画。大巨獣ガッパ親子の愛情と日本各地での暴れぶりを描く痛快娯楽巨篇。

雑誌記者の黒崎浩、カメラマンの小柳糸子、そして生物学の助教授・殿岡ら探検隊一行は、雑誌の発刊5周年に向けた夢の実現のため、船津社長の命を受けて珊瑚礁に囲まれた南海の孤島オベリスク島に上陸した。原住民たちは、日本人の到来によりガッパの怒りが鎮まると、歓声をあげて踊り出した。翌日、一行は片言の日本語を話すサキ少年の案内で、密林へ入った。巨大な石像が立つ絶壁の山肌に近づいた次の瞬間、激しい地響きとともに巨大像がくずれ落ち、洞窟ができた。その奥には美しい湖があり、岩棚には巨大な白い卵が転がっていた。巨卵が割れると、中から身長2メートル半、シャモに似た大きな頭でワニのような鱗のある太い胴体と四つ足、そして前足から尾にかけて長い羽根をもった爬虫類の幼虫のような怪獣-ガッパの子どもが出てきた。

放送スケジュール

(C)日活

おすすめ作品

キャンペーン・PR Campaign & PR

SNS

衛星劇場
LINE公式アカウント
7