桂雀々「くっしゃみ講釈」

お気に入り登録

作品詳細

出演

講釈師に恥をかかされた男が兄貴分と相談し、仕返しを画策するが…。
上方落語の演目で上方では「くっしゃみ講釈」、江戸では「くしゃみ講釈」と題される。噺家が魅せる「講釈」の場は見どころの一つ。
(2021年12月4日 一ツ橋ホール『特撰落語会』より)

放送スケジュール

(C)衛星劇場

おすすめ作品

キャンペーン・PR Campaign & PR

SNS

衛星劇場
LINE公式アカウント
8