新作歌舞伎『風の谷のナウシカ』【後編】

お気に入り登録

作品詳細

宮崎駿 原作「風の谷のナウシカ」全7巻が新作歌舞伎に!

1984年にアニメ映画化され、日本のみならず全世界で愛されている宮崎駿の名作漫画をもとに、映画版では描かれなかった全7巻の壮大な物語全てを新作歌舞伎化。宮崎駿作品が歌舞伎舞台化されるのは初であり、スタジオジブリの関連作品歌舞伎舞台化も初となる。
主人公ナウシカを演じるのは尾上菊之助、ナウシカと対する皇女クシャナを演じるのは中村七之助。次世代を担う歌舞伎俳優二人をはじめ豪華歌舞伎俳優が集結!さらに、脚本は「ゲド戦記」「借りぐらしのアリエッティ」など数々のスタジオジブリ作品を担当した丹羽圭子と戸部和久(松竹)、演出は新作歌舞伎『NARUTO ナルト』も手掛けたG2が担当し作品の世界を創り上げる。

巨大な産業文明は火の七日間と呼ばれる戦争によって滅び、大地の殆どは巨大な蟲が生き、有毒な瘴気を発する菌類の森・腐海(ふかい)に覆われた。それでも人間同士の争いは止むことが無く、トルメキア王国と土鬼(ドルク)諸侯国連合帝国の二大国が対立している。
「風の谷」は風を操る民が住む辺境の小国でトルメキアとは古い盟約を結んでいる。ナウシカは族長の娘で、人々が恐れる腐海に親しみ、蟲を愛し、心を通わせ、腐海が生じた謎を解き明かしたいと思っている。
ある時、風の谷と同じく、盟約を結んでいる小国ぺジテで、火の七日間で世界を焼き尽くした兵器「巨神兵」を復活させる力を秘めた秘石が発見された。トルメキアは秘石を手にするためぺジテを滅ぼし、さらに土鬼との戦争を始める。偶然、秘石を手にしたナウシカは盟約を守り出陣すると、愚かな戦争や、腐海や蟲の起こす困難に立向かい、黄昏行く世界に希望の光を灯す為、歩み続ける。

(2019年/令和元年12月・新橋演舞場)

おすすめ作品

キャンペーン・PR Campaign & PR

SNS

衛星劇場
LINE公式アカウント
8