林家たい平「二番煎じ」

お気に入り登録

作品詳細

「火の用心」の夜回りをすることになった町内の旦那衆。寒い中、拍子木を打つ手は震え、「火の用心」の掛け声も謡曲になる始末。なんとか、番所に戻って一行が火を囲んでいると、酒を持参したものがいて…。
元禄3年に出版された小咄本『鹿の子ばなし』の一片を原話とする古典落語。

(2020年12月30日 紀伊國屋ホールより)

おすすめ作品

キャンペーン・PR Campaign & PR

SNS

衛星劇場
LINE公式アカウント
8