柳亭小痴楽「花色木綿」

お気に入り登録

作品詳細

間抜けな泥棒が空き家と見違えるような貧乏長屋に忍び込み、物色している最中に家人が帰ってきたものだから慌てて縁の下に潜り込む。家人は泥棒に入られたことに気がつくと、それを理由に家賃を免除してもらおうと思いつき…。
小痴楽が落語家を志すきっかけとなったという泥棒噺の一席。

(令和2年7月23日 「第二回ぎんざ木挽亭おんらいん」より)

おすすめ作品

キャンペーン・PR Campaign & PR

SNS

衛星劇場
LINE公式アカウント
8