維新前夜

お気に入り登録

作品詳細

貴司山治の歴史小説を『麗人』や『姿三四郎』などで知られる渡辺邦夫監督が映画化。幕末の日本を舞台に国難に立ち向かう人々を描き出す。

水戸藩の勤皇家である藤田東湖の暗殺未遂事件が発生。東湖の用心棒である神道無念流の達人、小谷虎之介の働きにより何とか危機を逃れるが、その後ある料亭で会食した東湖と虎之介は、その場に昨夜自分たちに襲いかかってきた女がいることを知る。その女は名高き剣客、千葉周作の娘、真葛であった。虎之介は翌日、真葛に立ち会いを申し込むが断られてしまう。真葛は十二大将軍の落胤であり、時の将軍家定の妹であった。

おすすめ作品

キャンペーン・PR Campaign & PR

SNS

衛星劇場
LINE公式アカウント
12