笑福亭松枝「鹿政談」

お気に入り登録

作品詳細

「鹿」を殺したものはたとえ間違いであっても死罪。
そんな定めのある時代に、鹿を殺めてしまった正直者で有名な与兵衛は奉行所での裁きにかけられるが・・。
講釈の政談物に取材した上方落語の一席。東京には明治初期に移植された。
(令和2年1月1日 心斎橋角座『新春揃踏 角座落語づくしの会』より)

おすすめ作品

キャンペーン・PR Campaign & PR

SNS

衛星劇場
LINE公式アカウント
8