三笑亭夢丸「千両みかん」

お気に入り登録

作品詳細

寝込んだ若旦那に冬の味覚であるみかんを食べたいと言われた番頭が夏の江戸の町をみかん探しに奔走します。
(令和元年12月7日横浜にぎわい座『名作落語の夕べ』より)

関連情報(コラム・特集・プレゼントなど)

おすすめ作品

キャンペーン・PR Campaign & PR

SNS

衛星劇場
LINE公式アカウント
8